30年間エアギタリストだったTMN・木根尚登の「ごまかしテクニック」が面白すぎると話題に 「もはやお笑いの芸w」

ホビット 怒りのアフガン

1月11日に放送された『しくじり先生 俺みたいになるな!!』スペシャルにTMNETWORKのギター担当・木根尚登が登場、あまりに衝撃すぎるしくじりっぷりと、そのトーク展開が「面白すぎた!」と大きな話題を呼んでいる。


今回木根は、「ギターが弾けないのにギターを弾けるフリしちゃった先生」として「安易に嘘をついて、後で地獄を見ないための授業」を展開。この事実にスタジオ中が大きな衝撃に。木根はなんと30年もの間、ギターが弾けるふりをしており、今回教室に入場した際もギターを弾いて登場したのだが、実はギターの音は出ておらず、ずっとエアギターだった事実を伝えた。

もともとはキーボードだった木根だが、演奏は打ち込みに変更するという小室の提案からやることがなくなり、「ギターでも持っておけば」と小室から言われたため、「ギタリスト木根」が誕生した事を告白。最初は軽い気持ちでの嘘だったようだが、グループはあっと言う間にスターダムへとの駆け上がり、その嘘が原因で様々なしくじりにつながってしまったと打ち明けた。

しかし木根は30年間もどうやってごまかしていたのか?そこで木根は「ズームインしてくるカメラに対してのごまかしテクニック」を説明。それは①木根シャクリアップ②木根スイチョク③木根クルッというものだ。

「①木根シャクリアップ」とは、カメラが手元に寄ってきた途端、体を反らせてギターを斜めに持ち上げ、手元をギターのボディで隠すという技。木根曰く、「熱を込めて弾いてるように見える」という。続いて「②木根スイチョク」は、これはカメラが手元に寄ってきた途端、カメラに垂直になるようにギターを向け、手元が分からないようにするというもの。これは①に比べて体力を使わないテクニックなんだという。最後は「③木根クルッ」。これはカメラが「来たな」と思った途端、背中を向けてクルット回ることを指す。

この様々な話題にスタジオは大爆笑。さらにその後も、エアギターが原因で現場スタッフから弄られた過去や、「ギターが上手い人ランキング3位」に入ったり、日本を代表するギタリストとしてポール・マッカートニーと対談するなど、恐ろしすぎる事実を告白。だが、その後自分の代わりに弾いていたサポートメンバーがメジャーデビューを果たす事で、ギターの練習をようやく開始したと語る。

「嘘をついた罪悪感は努力でしか消せない」と今ではギターを弾くことを楽しんでいるようで、「スタートが遅いので(今)伸び盛り」など自虐的なギャグを混ぜながらも、様々な身に降りかかった災難を巧みな話術で話す木根の姿がネット上でも大きな話題に。

「とにかくしゃべりが達者というだけでもう面白かった」「今回は神回!!!」「木根さん、サイコー」「勉強しないでカンニングのテクニックを極めた感じww」「話面白すぎるだろ!もはやお笑いの芸w」ww」「木根さん面白すぎるww」「ギターテクが、もはやカメラから逃げてるの図www」「木根さんの、しくじり先生というよりすべらない話だなw」「木根尚登さんの人柄こそが最高のロックww」「面白すぎて腹痛いww」「大爆笑しまくった」など大きな話題を呼んでいる。







■参照リンク
『しくじり先生 俺みたいになるな!!』公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/shikujiri/



■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング