​SSW熊木杏里がヤマハに移籍! 9thアルバム『飾りのない明日』は3月中旬リリース

AOLニュース編集部 捜査二課

映画、ドラマ、CM などで30本以上のタイアップ実績を持つシンガーソングライターの熊木杏里が、中島みゆきらを擁するヤマハミュージックコミュニケーションズへ移籍した。

other

音楽は「自分と向き合うためのツール」であり「自己表現の方法」だという熊木だが、一時は国語教員の道も考えていたという。それに裏打ちされるように、その言葉選びには多くの文学的な素養が表れている。

そんな熊木の移籍第一弾作となる9枚目のオリジナル・アルバム『飾りのない明日』には、全10曲を収録。身近で切ないラブソングから、生きることを深く掘り下げたテーマのものまで、幅広い楽曲を手がけたのはサウンド・プロデューサーの扇谷研人だ。

other

同作は3形態での発売となり、TYPE-A、TYPE-Bは共にライブDVDが同梱された初回限定盤となる。TYPE-Aには2015年4月1日にビルボードライブ東京にて行われたLIVE TOUR 2015「生きているがゆえ」の模様が、そしてTYPE-Bには自身初となる映像クリエイターとのコラボレーションも実現させた、2015年11月22日に日本橋三井ホールにて行われたLIVE in autumn「歌が姿を見せる日」の模様が収録される。

『飾りのない明日』は3月16日(水)発売、春先にはリリース・ツアーも予定されている。

【参照リンク】
・熊木杏里 オフィシャルサイト
http://kumakianri.jp/
続きを読む
DC特集:AOLニュース

編集部おすすめ

『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」
『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」
Watch

『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング