SMAP解散報道に「驚きを越してドン引いた」と語る博多大吉が、ある共通点を告白「ちょっと思うことがある」

ホビット 怒りのアフガン

1月13日に放送されたTBSラジオの番組『たまむすび』で、博多大吉が芸能界に衝撃を与えた「SMAP解散」報道について語り、話題を呼んでいる。



メインMCの赤江珠緒は早速「今日もまたビックリしましたね」と話を振ると、大吉は「朝起きて習慣づいてるiPhoneをパッと開いたら、なんか話題のワードが画面に表示される設定になっているんですよ。パッと見たら『井上公造』って出てて。芸能レポーターの井上公造さんが1位になってたから『何かあったのかしら?』」と、真っ先に井上公造の身を案じたのだとか。

ただ、これは「SMAP解散」報道に紐付いた関連のワードで、大吉は「なんとSMAPさんが・・・『解散』みたいになってて、『ええ!』って思って・・・」。しかし大吉はその時点では「消えては出る」程度の噂話で思っていたようだが、仕事場に来てスポーツ新聞を実際に眺め、事の重大さを知ったと語る。

「ちょっと今、本当に驚きを越してドン引いてますね」と語る大吉。「『解散か?』とか『分裂危機』って書いてありますけど。この大きさで載るってことは、ちょっと心配ですよね」と率直な感想を述べた。

また大吉は、「記事を読んだらマネージャーさんの退社がきっかけになってるとか書いてあって。言ったら我々、華丸・大吉も1月で(現在の)曽志崎マネージャーが寿退社するんですよ」と同じような境遇である事を告白。赤江から、「なんですか?示唆してるんですか?(笑)」とツッコまれるも、交わしながら「『今まで一緒に歩んできたマネージャーさんが退社するってことはそれだけ恩義を感じているSMAPメンバーがいる』みたいに書いてあって。僕も3年くらいついてもらって、凄い恩義を感じてるんで、なるほどな、分かるような分からんような、みたいな感じなんですけど」と語り、続けて「僕もね、マネージャーと二人三脚でやってきた人間として・・・ちょっと思うことがあるかな、なんて思いましたけども」とメンバーの気持ちをくみ取るような発言をした。

しかし、そんな恩義を感じているマネージャーから先日最後の最後で「華丸さん」と間違えられた事件を告白。「ラストデイに、『華丸さん』って言われて・・・。『今明らかに華丸さんって呼んだよね?僕のことを』って言ったら、笑いながら、『もう、最後だから言うけど、ややこしいんですもん』って言われて(笑)」と打ち明けられたようだ。

ネット上では「大吉先生、名前を間違えられるwww」「SMAPは確かにドン引くよな」「井上公造さん、確かにずっとランキング上がってたw」など様々な声が挙がっている。



■参照リンク
『たまむすび』公式サイト(毎週月~金 13時より放送)
http://www.tbsradio.jp/tama954/

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング