御年70歳!WWE「悪のオーナー」ことビンス・マクマホンが審判としてリングに降臨!相変わらずのガチムキっぷりにファン歓喜

AOLニュース編集部 捜査二課


超人気プロレス団体<WWE>のボス、ビンス・マクマホン(御年70歳!)が審判としてリングに上り、衰え知らずの肉体を披露した。

https://www.youtube.com/watch?v=k35ZCvNW2Ag


全米で毎週月曜に放送されている<WWE>のレギュラー番組『RAW』にて、CEOと会長を兼任するマクマホン氏が新たな設定で登場。1月4日にテキサス州・サンアントニオで行われた試合のメーンイベントであるヘビー級王座決定戦で、審判としてリングに上ったのだ。

<WWE>の株で儲けて億万長者になった男が、シェイマスと同団体の王者ロマン・レインズの対戦を審判としてジャッジした。彼はすでに70歳だが、そのムキムキに鍛え上げられた肉体は、まだまだ現役であることを物語っている。

そして、カウントの途中でコンタクトレンズをなくす演出や、レインズの攻撃を受けて倒れるパフォーマンスなど、さすがの(ベッタベタな)演出を展開。詰めかけた観客を大いに盛り上げたようだ。



齢70にして、いまだにリング上で戦うビンス・マクマホンは、

「おじいちゃんなのにスゲー筋肉!」
「あいかわらずデケーな」
「ロマン最高」

などなど、ネット上でもプロレスファンを熱くさせているようだ。

【参照リンク】
http://nypost.com/

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー