11歳の天才バスケ少年、ステフィン・カリーが好きすぎて完コピしたプレーがスゴすぎる【動画】

ケーフェイ・ライバック


NBAのスーパースター、ステフィン・カリーが、数週間前のトレーニング中に披露した、両腕を使い股抜きを加えたトリッキーなドリブルと、後ろ向きからのレイアップシュートという超絶テクニックのコンボ。これを、ヴァージニア在住のノア・カーター君が完全コピーし全米で話題になっている。


ステップも含め、全ての動きをコピーしており、全米のメディアもなこぞって「天才少年と契約を!」と少々大げさな論調であるとはいえ、大々的に紹介している。

まだバスケのキャリアがたった2年というカーター君。将来はヴァージニア州の隣、ワシントンD.C.に本拠地を置くNBAのワシントン・ウィザーズでプレイしたいとのこと。「必要があれば海外のどこでもプレーする意志があるよ」と軽く言っちゃうビッグマウスっぷりも可愛いが、その他に紹介されている動画のプレーでもかなりテクニカルなワザを披露しており、将来が楽しみだ。


■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング