2015年4月から5つの州で宝石を盗みまくっていたセクシー巨乳強盗こと、アビゲイル・リー・ケンプが遂に逮捕された。24歳のこのセクシー泥棒、毎回犯行前日に店にラフな格好で来店、リサーチしまくった後で翌日、爆乳をちらつかせ銃で襲うという判りやすい犯行を続けていたにも関わらず「FBIがなかなか逮捕できない」と話題になっていた。

https://youtu.be/E5edFblD8V0


400万ドル(約4億7000万円)もの宝石を、5つの州、6つの店から盗んできたケンプ容疑者は、共犯者のルイス・ジョーンズ容疑者が逮捕され、芋づる式で捕まえられた。共犯者がいたとはいえ、女性一人で一切のマスクもつけずに素顔で店に突入、銃を突きつけ、店のケースにある宝石をスーパーの袋に手づかみでぶち込んで持ち去るという大胆さに驚きの声が多く上がっていた。

1月6日、ノースカロライナ州の宝石店に押し入り、6度目となる強盗に成功したものの、2日後にフロリダ・ジャクソンビルでFBIに確保された彼女。逮捕に至る経緯は非常に間抜けなもので、近くの住民が、町中で高級すぎる宝石類をまとったケンプ容疑者を目撃し、「ウェイトレスの彼女があんな高級宝石を身につけるなんてあきらかに怪しい」と通報、さらには「黒いピストルを所持し、事件現場で目撃された黒い車に乗っていた」ということで、犯行の証拠となりそうなものを全く隠すこと無く、堂々と生活していたようだ。

かつてケンプ容疑者が働いていたというレストランの常連の男は「彼女はすごく感じのいい娘だったよ。陽気でパーティー好き、ジョークも面白くて楽しい人だった。」と語りつつも「ギャングの仲間とつるんでいたのは知っていた」とも証言している。





■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】