元AKB48・篠田麻里子が韓国アーティスト・ZICOのMVに出演 切なすぎる演技が話題に

五郎丸オガム

元AKB48・篠田麻里子が出演する韓国人アーティスト・ZICOの新曲「It was love」のミュージックビデオのティザー動画が公開された。

https://youtu.be/wHckY-ut5T0


ZICOは7人組男性アイドルグループ・Block Bのメンバーでラッパー。「It was love」MVの中で彼女が演じるのは、恋人との別れを経験した女性であるようだ。振り向きざまの切なげな表情や、呆然と立ち尽くす姿、さらには空に向かって泣き叫ぶ演技を披露し、失恋の切なさや悲しみを表現している。

これを観たファンの間では、「麻里子様綺麗すぎます!」「切ない表情にドキッとした」「新しい麻里子ちゃん素敵」「大人の魅力だね」「観てて泣きそうになった」「雰囲気あるねえ」「ZICOとのコラボ嬉しいなあ」と様々な声が巻き起こった。

また、海外のネットユーザーからも「これ誰?」「いいMVだね」「マリコ様だ!」「この女性は30歳なの?!」「日本のタレントがK-POPのMVに出るのは想像できなかったけど、彼女は美しいね」など美貌を賞賛するコメントが相次いだ。


■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング