ジェシー・アイゼンバーグとクリステン・スチュワートの最高にホットな二人がお届けする映画『エージェント・ウルトラ』が1月23日(土)に公開される。CIAが実際に行っていたとされる極秘マインドコントロール・プログラムを題材に、ダメ男のプロポーズ計画を織り交ぜた最高にキュートなラブアクション・ムービーだ!本作の脚本を手がけたのは、SF映画ファンの間で「傑作」との評価を誇る『クロニクル』を手がけた鬼才 マックス・ランディス。『ブルース・ブラザース』などの監督を務めたジョン・ランディスを父に持つ映画一家に生まれた彼に、この度、インタビューを敢行した!作品のことや、父との関係、さらには日本のサラリーマンへのメッセージまで幅広く語ってくれた。