先週末、記録的な大雪「ストーム・ジョナス」に襲われたアメリカ東海岸域だが、そんな大雪の日を視聴者に伝えようとプロ魂を見せた美女レポーターが無情すぎるハプニングに襲われたようだ。

https://youtu.be/R2gNXC-XhYI


WTVFニュースチャンネル5の美女レポーター、アレクサンドラ・コーエンさんは、ケンタッキー南部テネシー州を襲った暴風雪を果敢にも実況中継していた。

実況中もあまりの寒さに、アレクサンドラさんの鼻からはとめどない鼻水が流れるわけだが、氷点下の気温の中で、鼻水が凍結。両方の鼻の穴から垂れ下がったつらら状態の鼻水がしっかり中継に映ってしまったのである。

この時のアレクサンドラさんの姿は瞬く間にネット上で大人気に。これを受け、アレクサンドラさんは自身のツイッターアカウントで「みんなひどいわ(笑)。でもこれも仕事の一部ね。この大雪の中、8ヵ所から生中継したのよ。すごく大変だったわ!」とコメントしている。





■参照リンク
http://www.mirror.co.uk/

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】