SMAP・中居正広の独特な歌い方に木村拓哉がピッタリの命名 その名も「トロンボーン歌唱法」

AOL News Staff

1月25日に放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ)で、木村拓哉が中居正広の歌い方について「トロンボーンみたい」とイジる場面があり、ネットで話題を集めた。


この日は、歌のコーナー「S-Live」に藤巻亮太が出演。「粉雪」と「大切な人」をSMAPのメンバーとメドレーで披露した。

稲垣吾郎はトークコーナーで「粉雪」を「日本の名曲」と絶賛し、収録では中居がサビの部分を担当していて歌えなかったと残念そうに話した。

すると中居は「俺も感じてたよ、だからなるべくマイク外して歌ってたじゃねぇか!邪魔しちゃいけないと思って」とサビのときにわざとマイクを遠ざけながら歌っていたことを告白。その理由について尋ねられると「歌おうと思ってたんですよ。でも、こういう名曲に関しては藤巻君の(声)をみんな聞きたいのに、なんで俺なんだろうって、で、歌ってなかったら歌ってなかったで『何でパクパクしてんだよ』って思われるから」と中居なりに考えた苦肉の策だったことを明かした。

これに香取慎吾は「あそこ(サビ)はやっぱり歌いたい所じゃないですか、みんな。でも中居君だったから...」とサビを担当した中居をイジると、木村も「あそこはやっぱマイク持っていきたくなるもんな、あそこはいきたくなる、でも『今日はアイツ(中居)だ』って...」と茶化すように話した。

中居は気まずそうに少し舌を出すと、「こなぁぁ〜ゆきぃぃ〜」と口ずさみながら、収録で披露したマイクさばきをを再現した。だが、その様子を見た木村は「トローンボーンみたいな歌い方」とすかさずツッコみ。木村が目をつぶりながらトローンボーンを吹く真似をすると、スタジオからは大きな笑いが起きていた。

これを観た視聴者は、中居の歌い方と木村のツッコみに大うけ。ネット上には「トロンボーン比喩が的確すぎ」「中居正広歌唱法!!トロンボーンみたいな歌い方...ホンマやホンマや」「サビの部分トロンボーンのようにマイクを離して歌ってて笑ったwww」「ほんとにトロンボーンしてて笑った」などのコメントを寄せていた。

■参照リンク
『SMAP×SMAP』公式サイト(月曜よる10時からフジテレビ系列にて放送)
www.fujitv.co.jp/smapsmap

■1月のAOL特集
共演がご縁でくっついたセレブカップルたち【フォト集】
続きを読む
DC特集:AOLニュース

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー