2月2日、NAVERまとめに一つの記事が公開された。タイトルは「元アイドルの美少女作詞家のツイッターが今話題?!」というもの。内容を読むと、昨年11月29日にハロー!プロジェクトのグループ、アンジュルムを卒業し、現在は作詞家へと転身を遂げた福田花音のことがまとめられているようだ。ここまではよくある話だが、よくよく作成者の欄を読むと、「kanonfukudaさん」という文字。そう、このまとめは、まさかの福田花音本人が福田花音のことをまとめた記事なのだ。何をやっているんだ、福田花音。ちょっと面白すぎるんじゃないか。


matome.naver.jp/odai/2145430564258760901
元アイドルの美少女作詞家のツイッターが今話題?!ーNAVERまとめ

重要なのは、これがただの自作自演や釣りなどではないという点にある。今の時代、ウェブで自分自身を発信するというのは当然であり、かつそれは自分の言葉であるほうが望ましい。そこで福田花音が今回とった手段というのが、NAVERまとめを自分のプロフィールや仕事を発表するスペースにする、というものだった。この自己プロデュース能力とウェブの活用法はやはりさすがというほかなく、現役のアイドルは勿論のこと、どんな仕事をしている人にも参考になるのではないか。

そんな福田花音だが、昨年アンジュルムを卒業した翌日からツイッターを開始。2月1日までの64日間で919ツイート、平均して1日あたり14.4ツイートとかなりのハイペース。かつその内容も非常に充実していて、特に根っからのハロー!プロジェクトファンである彼女がアイドルについて語るツイートは必読だと言えるほどの名文ばかりだ。

そこで今回は、これまでの福田花音のツイートの中から、彼女がアイドルについて語った5つのツイートを紹介したい。いずれも福田花音にしか書くことが出来ない、唯一無二のツイートである。

<1>
え、ブランチリポーターのめちゃ美しい人だれですか?! #王様のブランチ


2015年12月5日のツイート。TBSテレビ『王様のブランチ』を見ながらのツイートだと思われるが、この番組には福田花音がファンを公言している(というかファンすぎて一緒に着替えをすることを事務所から禁じられている)Berryz工房の熊井友理奈がリポーターとして出演している。熊井友理奈という名前を出すことなく、だがハッシュタグを使って拡散させることにより、熊井友理奈のファンを増やすという作戦だと思われる。

ハロー!プロジェクトのファンにはネットユーザーが多く、メンバーがテレビに出演した際などには一見さんを装って「あのショートカットの美少女は誰!?」的なツイートをする(でもアカウント名の最後に'16とかついてるからすぐバレる)ことが多いのだが、ハロー!プロジェクトに在籍していた福田花音がそれを行うというのが愛おしく、またファンにとっては誇らしい。ファンでいて良いんだ、ファンでいて良かった、と思わせてくれるツイートだ。

<2>
自分のせいだからやっぱ自分が悪いっす(絵文字)推しメンが常に目の前にいるの当たり前じゃないっていう言葉を教訓にしてるけどそれでもやっぱり常に目の前にいてくれそうな感じがしてしまうんだよなあって感じ。目の前にいなくなるのを全く感じさせないんだよなあプロだなあ。結論。自分の推しメンすげえ。


2015年12月23日のツイート。この直前に「みんなは自分のせいで行きたかったライブに行けなくて後悔した時どうしてますか??」とツイートしているため、そういった後悔の中で書かれたツイートだと思われる。おそらく福田花音は改めて、推しメンやアイドルについて考えたのだろう。

この深い洞察力は、アイドルが好きで、そしてアイドルについて常に考え続けてきた彼女ならではだ。アイドルを「常に目の前にいてくれそうな感じがしてしまう」という点から捉えるという視点は新鮮でありなおかつ本質をえぐっている。現在は作詞家として活動している福田花音だが、彼女が書くアイドル論を読んでみたいと心から願う次第だ。

<3>
アイドルを卒業した次の日って何をするのが正解なの?


2015年11月30日のツイート。アンジュルムを卒業した翌日のツイートであり、一枚の写真が添付されている。カラオケの点数発表の画像であり、歌はアンジュルムの『交差点』だ。新たな旅路を歩み出す福田花音に贈られた名曲中の名曲。卒業の翌日にこの画像を見せられてしまうと、やはりぐっと来てしまう。

だがそこは福田花音だ。93.546点という点数表示を見て「ちょっと歌うまい自慢も入ってるんじゃないのか」と思ってしまうのは人の心。さらに言えば「この点数が出るまでに何度も歌い直したんじゃないか」とまで想像はふくらみ、そんな福田花音が愛おしくてたまらなくなる。一枚の写真でにやにやしてしまう、彼女ならではのツイートだと言えるだろう。

<4>
返しちゃったらあやちょに会う口実がなくなるじゃんね。


2015年12月7日のツイート。これは少し補足が必要だろう。このツイートは、ファンからの「赤いボールペンを返す予定はありますか?」という質問に答えたものであり、「赤いボールペン」というのは、福田花音の卒業コンサートで和田彩花が8年前に福田花音に貸した赤いボールペンをまだ返してもらっていない、と告白したことに由来している。

あやかのんと呼ばれ、特別な絆で結ばれた二人を知るファンなら心を掴まれること確実。まさに美しい歌詞のような一節であり、あやかのん最強!と部屋で叫んでしまったファンも多いことだろう。もちろん福田花音だけに、とっくになくしてしまったから返せないだけという可能性はゼロではないが、それを言わないというものが大人なのではないか。

<5>
卒業は悲しくて寂しいだけのものではないってみんなが安心できるような道を作れるようにわたしはもっと頑張らなくちゃいけない!!!


2015年12月20日のツイート。アンジュルムのメンバー、田村芽実の卒業発表を受けての言葉だ。これは自分自身を奮い立たせる力強い宣言であると同時に、田村芽実へのエールだとも言える。こう言ってくれる先輩がいるからこそ、田村芽実もまた新しい夢へと進んで行くことが出来るのだろう。

ハロー!プロジェクトとは綿々と紡がれていく歴史であり、いつまでも書き換えられ続ける終わらない物語だ。ハロー!プロジェクトを誰よりも愛する福田花音はそのことを知っていて、だからこそ彼女の言葉は愛おしい。これまでの福田花音の全ての歴史は、歌詞となって私たちの耳に、そして心に届くだろう。作詞家、福田花音の、今後の活躍から目が離せない。「美少女作詞家」かどうかはさておき。

<結論>
今回のNAVERまとめの一件でも分かる通り、福田花音は自己プロデュース能力とネットの活用法に長けているが、その前提として、誰も歩いた道を突き進む覚悟がそこにはある。あるいは、道がなければ作れば良い、という精神と言っても良い。それは一見すれば異端者にも見えがちだが、スマイレージやアンジュルム、あるいはハロー!プロジェクトとは、異端者こそが新たな道を切り開くという事実の証明の歴史でもある。異端であることを恐れない。福田花音は、正しくハロー!プロジェクトの系譜を繋いでいる。



■参照リンク
福田花音 Twitter
https://twitter.com/kanonfukuda

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】