羽生結弦選手が映画デビュー決定!マゲ姿もカッコよすぎると話題に

五郎丸オガム

"平成の司馬遼太郎"との呼び声も高い磯田道史氏の近著「無私の日本人」(文春文庫刊)の一編「穀田屋十三郎」を、『ゴールデンスランバー』『白ゆき姫殺人事件』などを手がけた中村義洋監督が映画化した『殿、利息でござる!』が5月14日(土)に全国公開される。この度、本作にフィギュアスケート選手の羽生結弦が出演されていることが発表された。


羽生は、映画のタイトルにもなっている"殿"、仙台藩藩主・伊達重村役で出演する。出演シーンは少ないながらも、物語にとって重要な役柄であり、困窮する庶民の前に颯爽と現れる役どころだ。氷上での演技で世界中を虜にした名実共に世界最高のフィギュアスケーターである羽生が、マゲ姿でスクリーンに初登場する。

今まで映画などに出演することはなかった羽生だが、故郷である仙台に実在した人物たちの感動秘話に、出演を快諾。「お芝居はスケートとは違って振りが無く、言葉を使い、セリフに合わせて動かなければいけないのでとても難しく、撮影現場では緊張してしまいましたが、映画製作の雰囲気を感じられて、素敵な俳優さんたちにもお会いできて楽しかったです」と語っている。


造り酒屋を営むかたわら、宿場町の行く末を心から憂える主人公・穀田屋十三郎を演じるのは、阿部サダヲ。町一番の知恵者である茶師・菅原屋篤平治に瑛太。そして十三郎の弟で、吉岡宿一の大店・造り酒屋の浅野屋の主・浅野屋甚内には妻夫木聡。才能あふれる多種多彩な豪華キャストの競演も見どころだ。主演の阿部は、撮影時の羽生に対し「もう、ずっと笑顔で見つめてしまいました(笑)キレイでした(笑)」とコメント。「普段は氷上で薄着だと思うんですが、撮影現場は夏で羽織袴に髷カツラで相当暑かったと思いますが、何度も何度も繰り返す撮影に文句言わず参加してくださったのが、さすが世界一のアスリートだと思いました」と絶賛している。

今回の配役に対し、監督の中村は「現場では、その立ち居振る舞いから目力の強さ、澄んだ声まで、殿様としての説得力に満ち溢れておりました。それにしても、この伊達の殿様は、今や仙台藩どころか日の本一となり、果ては世界までも征服されておられるわけですから、本当にとんでもない人をキャステングしてしまったもんだよなあと、僕ら自身も今だにおののいている次第です」と、羽生のオーラを語っている。


今から250年前の江戸中期、仙台藩吉岡宿。年貢の取り立てや労役で困窮する宿場町を守るため、知恵と工夫と決死の覚悟で立ち上がり、ついに地域を立て直した住人たちがいた―。実在した穀田屋十三郎ら庶民9人が、藩にまとまった金を貸し、毎年の利子を全住民に配る「宿場救済計画」を立て奔走する姿が、現代によみがえる。


『殿、利息でござる!』は5月14日(土)全国ロードショー

https://youtu.be/j0ufvkBvFNE


(C)2016「殿、利息でござる!」製作委員会

■参照リンク
映画『殿、利息でござる!』公式サイト
www.tono-gozaru.jp

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング