『デスノート』続編、東出昌大×池松壮亮×菅田将暉による三つ巴の戦い!「人間界で同時に存在していいノートは6冊まで」

ホビット 怒りのアフガン

映画『デスノート2016』の内容がこの度解禁された。



本作で描かれるのは「月」と「L」の死から10年を経た世界。原作に存在しながらも未だ使われていなかった【6冊ルール】を採用し、大場つぐみ氏のトリックアイデアを取り入れながら、世界的なサイバーテロが頻発する超高度情報化社会となった現代に相応しい「デスノート」の封印という新たな展開で、後世に語り継がれるであろう全く新しい「デスノート」が誕生する。

主人公のデスノート対策本部特別チームの捜査官、三島創を演じるのは、東出昌大。「もともと原作世代なので、前作の映画も観ていたし、その10年後を演じる意義やプレッシャーも感じますが、きっと池松くん、菅田くんと共演できたからこその物語になっていると思います」と語っている。東出演じる三島は10年前のキラ事件と夜神総一郎の資料から夜神月のことを徹底的に調べ上げ研究ノートを作成し"デスノートヲタク"と呼ばれるほど「事件とルール」に精通する人物。

その三島とともにデスノートを追う世界的探偵、竜崎役には池松壮亮。竜崎はLが生前に遺した遺伝子から生まれた、正統な後継者だ。「松山さんの作り出した歴史に残るLという凄いキャラクターを継承しつつ、やるからにははるかに凌駕するつもりで頑張ります」と意気込みを語る。Lの面影を残しつつも、松山ケンイチが演じたLとはまた違う、行動力を伴うワイルドで色気のあるキャラクターを独特なオーラで創り上げ、『デスノート』に新風を吹き込む。

そして、三島や竜崎をも翻弄する狂気の天才、サイバーテロリストの紫苑優輝には菅田将暉。紫苑は狂った男に一家全員を殺され、その犯人をキラが殺してくれたことから彼を"神"と崇め、高度なハッキング能力を駆使して、世界中に落とされたデスノートの争奪にいち早く参戦する男だ。元々原作ファンである菅田は「原作の夜神月とLの戦いから繋がる後半の物語も僕は大好きなので、そこに登場するメロとニアのトリッキーなキャラクターに現代っ子感を少し足したイメージです」と自身が演じるキャラクターについてコメントしている。

メガホンをとるのは、2011年に公開され大ヒットを記録した『GANTZ』、『GANTZ PERFECT ANSWER』や、2013年、2015年公開の『図書館戦争』シリーズなど、ヒット作を生み出し続ける佐藤信介。前作で描かれた「デスノート」の世界観に、パワーアップしたソリッドなアクションやスケールアップしたVFX映像を駆使し、ハリウッド映画を凌駕せんとする日本映画の新時代を切り開く。

そして原作者である大場つぐみはこの映画化について、「6冊のデスノートということは死神もたくさん出てくることになり、もうそれだけで面白いに決まってます!そしてその6冊のノートや死神達と豪華キャスト(東出昌大さん、池松壮亮さん、菅田将暉さん)がどう絡みどんな話になるのか!?今からワクワクドキドキが止まりません! 」と語っている。

最高のキャストで描く、誰も知らない『デスノート』10年後。今後の続報にも期待がかかる。

©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
■参照リンク
映画『デスノート2016』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote2016/

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング