神木隆之介が自身のフェチについてアツく語り話題に 「ほどよく変態」「かわいすぎ」

AOL News Staff

俳優・神木隆之介が、2月3日に放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ)に出演。自身のフェチについて初告白し、ネット上で話題を集めた。


神木は、長瀬が趣味で長年収集しているステッカーの話の流れから、文房具への愛が深すぎることを明かした。

神木によると、自宅には未使用のノートがたくさんあるという。それらは書くためではなく、紙質を触って楽しむためのもの。好みはちょっと厚くてツルツルしている紙なのだという。

長瀬智也は「ちょっと厚くてツルツルしている紙?」と首をかしげたが、松岡昌宏が「コピー用紙?」と尋ねると、神木は「あ!好きです!」と返答した。

神木は、紙を触りながら「あ、これ書きやすそう!」「ボールペンで書いたらこういう感触なんだろうな」「シャープペンで書いたらちょっと滑りすぎるかもしれないな」などと想像するそうで、文房具屋に行くとノートの紙をずっと触っているのだという。

紙質の魅力について熱く語る神木を見た山口達也は、思わず「ほどよく変態だよね」とツッコんでいた。

神木の文房具フェチについて、ネット上には「気持ちすごいわかる」「ほどよく変態w」「かわいすぎ」「文房具フェチとか素敵過ぎねぇ!?」「いいとおもいます!!!」「ほどよく変態な神木隆之介が大好きです」「紙になりたい」などのコメントが集まっていた。




■参照リンク
『TOKIOカケル』公式サイト(水曜23時からフジテレビ系列にて放送)
www.fujitv.co.jp/TOKIOKAKERU/
フジテレビ Twitter
https://twitter.com/fujitv

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング