2月5日に放送されたフジテレビ系列の『ダウンタウンなう』に女優・三田佳子がゲストとして出演した。


三田佳子と言えば過去に1991年から1994年の4年間、連続で長者番付で首位になったこともある大物女優。そして同様にダウンタウンも長者番付の上位に名を連ねており、1位を争っていたことから話題は「戦い」の舞台裏の話に。

91年に1億2854万円(納税額)で1位、92年も同様に1億4998万円と長者番付トップを独走していた三田。93年になると、松本人志は2位に登場。ちなみに3位はビートたけしだった。当時、松本は「来年三田佳子抜けるで!」と意気込んでいたようだが、翌年の94年も1位は三田という結果に。松本は2位だった。

ちなみに2位だった松本の納税額は、93年の三田の納税額を上回っていたとのこと。しかし翌年、三田は更に納税額が上回り、結果的に4年連続でトップに君臨した。

しかし95年に番狂わせが。松本が1位に、そして浜田が2位、3位が三田という結果に。ダウンタウンの2人が三田を抜いた年となった。ちなみにこの時の松本の納税額は2億6340万円、三田の納税額は1億4931万円と、大幅に上回る結果に。松本は「お金で競争してるわけじゃないから、たまたま」と謙遜するが、その当時『ガキの使い』で三田をゲストに呼び、タスキを三田から松本にバトンタッチするという企画まで放送されていた。

その話を聞き、坂上が「じゃあ今、50億くらい貯金あるんじゃないですか?」と突っ込むが、三田やダウンタウンから「帯番組やってるし」「学校もやってる」と矛先が向けられる結果に。確かに今は個人情報の関係で長者番付は掲載されなくなったが、発表されていたら坂上も上位にランクインされそうな勢いだろう。


■参照リンク
『ダウンタウンなう』公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/DOWNTOWN_NOW/