サウジアラビアで大雪!慣れない雪に地域性が出まくりな雪遊び写真がネット上で話題に

ケーフェイ・ライバック

日本で、奄美大島で115年ぶりに雪が降ったことが大きく報じられたが、サウジアラビア北部でも1月16日に聖地メッカで大雪が降り話題になった。


マイナス5度の気温を観測したメッカでは、みぞれは徐々に本格的な積雪となり、雪の影響でハイウェイもパニック状態に陥ったという。「85年ぶりに降った」といった報道もあるものの、近年、北部では1〜3月の期間に雪が降っていたという情報もある。今回の場合は、都市部での大規模な積雪が珍しいと大騒ぎになっているようだ。​

普段雪が積もらない砂漠の地ということで、積もる雪に大人も子どもも大盛り上がり。SNSには、背中に雪をかぶったラクダなど、なかなか珍しい都市の光景が次々と投稿されている。雪だるまは当然のようにヒジャブを巻いているし、雪像はラクダ。やはり地域性が出ていて面白いものだ。イスラエルでも今年は全土で積雪があったと報じられるように、やはり気候変動の影響を感じさせる出来事であった。












■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング