第50回スーパーボウルのハーフタイムショーで、コールドプレイ、ブルーノ・マーズとの夢の共演ステージを見せたビヨンセが、当日滞在したという一泊10,000ドル(約115万円)の超豪華宿泊施設が話題になっている。


この日のパフォーマンス中の写真などを自身のインスタグラムで公開したビヨンセだが、中でも大きな反響を呼んだのが、彼女がこの日宿泊したという超豪華な宿泊施設。日本でも話題のルームシェア・サービス「Airbnb」で借りたもので、1日の宿泊料金が10,000ドル(115万円)!

カリフォルニアのロス・アルトス・ヒルズにあるというこの宿泊施設。「スーパーボウル」の開催されたリーバイススタジアムから車で45分という絶好の立地条件、5つのプライベートスウィートルーム、フィットネスセンター、ムール、スパ、野外にある囲炉裏、バーなど全て兼ね揃えている。

Beyoncéさん(@beyonce)が投稿した写真 -



Beyoncéさん(@beyonce)が投稿した写真 -



Beyoncéさん(@beyonce)が投稿した写真 -



日本ではAirbnbといえば安価な「民泊」という括りで紹介されているが、今回のビヨンセが紹介した施設のように一泊100万円といった豪華な宿泊施設などセレブ御用達のルームなども数多く提供している。



■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】