野生動物の保護活動をしている女性スタッフさんが大好きすぎる巨大オオカミの動画が世界中を感動の渦に巻き込んでいる。

https://youtu.be/Yp92wRKPJNg


コロラドにあるColorado Wolf & Wildlifeセンターで、野生動物の保護活動に従事しているダニエルさんが、ある日雪深い山奥に住む8歳のシンリンオオカミ"キコア"と再会した時の様子を撮ったのがこの動画だ。

キコアはダニエルさんにその大きな体を甘えるようにすりつけ、時々キューン、キューンと鳴いている。キコアさんが優しく体を撫でてあげると、親愛の情を表すかのように彼女の顔をベロベロと舐め始めたのである。

体重24キロ~58キロもあると言われるシンリンオオカミは、寿命が7年から10年なのでキコアも割と老齢の部類。いつも気遣ってくれる優しいダニエルさんのことをまるで友達か母親と思っているかのような慕いようは感動的ですらある。

シンリンオオカミは世界中に現在、約20万頭しかいないと言われている。

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】