アカデミー賞主要6部門ノミネートされた映画『スポットライト 世紀のスクープ』の予告編が公開された。

https://youtu.be/szmItp-xHUk


2002年1月、アメリカ東部の新聞「ボストン・グローブ」の一面に全米を震撼させる記事が掲載された。地元ボストンの数十人もの神父による児童への性的虐待を、カトリック教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダルだ。1,000人以上が被害を受けたとされるその許されざる罪は、なぜ長年にわたって黙殺されてきたのか。この世界中を驚かせた"世紀のスクープ"の内幕を取材に当たった新聞記者の目線で克明に描き、アカデミー賞6部門(作品賞/監督賞/助演男優賞<マーク・ラファロ>/助演女優賞<レイチェル・マクアダムス>/脚本賞/編集賞)にノミネートされるなど、名実ともに全米で絶賛を博す社会派ドラマが、本作『スポットライト 世紀のスクープ』だ。

今回公開された予告編では、ジャーナリスト生命を懸けて"聖域"に挑む《スポットライト》チームが描かれている。「神様にノーと言えますか」という被害者の重いセリフが語る通り、古くから地域社会に根ざしたカトリック教会は、秘密主義に閉ざされた巨大権力であり、定期購読者の半数以上をカトリック信者が占めるボストン・グローブ紙にとってもアンタッチャブルな"聖域"。幾多の困難にも屈せず、"聖域"への粘り強い調査を続けるうちに、想像をはるかに超えた驚愕の事実を次々と掘り起こしていく・・・。


4月15日(金)よりTOHOシネマズみゆき座ほか全国公開
(C)2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

■参照リンク
『スポットライト 世紀のスクープ』公式サイト
http://spotlight-scoop.com/

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】