女刑事かよ!『ナオミとカナコ』で吉田羊が演じる陽子がコワすぎると話題に 「マジでやべえ」「来週どうなる」

藤井一成

人気ドラマ『ナオミとカナコ』(フジテレビ)第6話が放送された2月18日、視聴者の間では、直美(広末涼子)と加奈子(内田有紀)に殺害された加奈子の夫・達郎(佐藤隆太)の姉・陽子を演じる女優・吉田羊の好演が話題となった。


第5話では、途中でしくじりそうになるも、なんとか達郎の殺害に成功、替え玉の中国人労働者・林(佐藤隆太/二役)を出国させることにより、失踪に見せかけた偽装を行うところまでこぎつけた直美と加奈子であったが、そんな二人の動向を注意深く観察してい陽子は、当初から実弟の失踪を疑い、関係者から証言を集めて情報の捜査を開始。結果、直美たちが弟の失踪に大きく関与しているという疑いを抱くこととなる。この陽子が見せた刑事のような捜査と、直美と加奈子への"詰め"ぶりに、ネット上の視聴者からは「羊さんがこういう役やるとマジでやべえw」「怖すぎwww」「『HERO』かと思ったわw」「女刑事かよwww」「仕事できてしかもこういう詰めをやる女って怖い」「直美と加奈子は詰めが甘すぎてイラっとくるわw」「こういうノリとか感情とかで大胆な犯罪やる女ぺアって意外といるのかもwww」「来週はどうなってまうんだ」といった声が相次いだ。

吉田と言えば、かつて人気ドラマ『HERO』(フジテレビ)ではデキる女検事役を好演。本作においても"仕事のデキる女"を演じているが、そんな彼女が見せる迫力満点の捜査シーンだけに、視聴者にとっては迫力ある内容となったようだ。





■参照リンク
『ナオミとカナコ 』オフィシャルページ (木曜よる10時からフジテレビ系列にて放送)
www.fujitv.co.jp/naomi-kanako/
フジテレビ Twitter
https://twitter.com/fujitv

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング