『9つの窓』AKB48・木崎ゆりあ&茂木忍に直撃 「わたしは男性との友情はないなって思う」

鴇田崇

国民的アイドルグループAKB48と、米国アカデミー賞が公認するアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」がコラボした「AKB Short Shorts」project。その作品、ショートフィルム・オムニバス映画『9つの窓』では、メンバーがテーマの異なる9作品の主演を務めた。そこで『赤い糸』主演の茂木忍(AKB48)、『candy』主演の木﨑ゆりあ(AKB48)にインタビュー。作品に賭けた彼女たちの想いとは?


――映画の主演はいかがでしたか?

茂木:主役って、セリフが多いなって思いました(笑)。わたし以外の方々は経験がある方たちばかりだったので、足を引っ張ってはいけないと思い、すごく緊張しました。

木崎:わたしの作品はふたりしか出てこない、部屋の中だけで進行していくシンプルなストーリーだったので、そういう意味で不安はありましたが、相手役の方のおかげで、本読みの段階でも安心できました。


――同世代の女子の共感を得そうな物語ですよね?

木崎:ラブコメディーですが、あり得ない設定の惚れ薬が出てきます(笑)。なめると2分間だけ人を好きになるという男子妄想のアメで、そのアメを食べた後の女の子と一人二役だったので、わたし自身は撮影していて楽しかったです。

茂木:わたしは少女漫画的なファンタジーで、赤い糸が見えるんですけど、実際にも観たいなあと思いましたね。糸がつながっている先の未来って、気にすると気になりますよね。

――AKB48では恋愛がNGとのことですが、その分、あこがれは強いですか?

木崎:理想が高すぎちゃって、こういう作品でしないともう、きれいな恋愛ができない気がしますね。恋愛がダメであれば、作品で恋愛一本分できれば、もういいかなって。いろいろできていいんですよ。追われたり、追ったり(笑)。

茂木:AKB48を卒業したら、どうなっているんだろう(笑)。

木崎:なかなか結婚できない! こういう感じじゃなかった! みたいな(笑)。

茂木:夢見る少女がAKB48には多いと思いますね。


――最後はファンの方へ一言お願いいたします!

茂木:もし女性と普段接する機会がない方だったら、これからに希望が持てると思います(笑)。映画の中で、それほど普段女子と話さないような男の子と接して話が始まっていくので、もしかしたら皆さんにもそういう機会が起こるかもしれないし、純粋な気持ちも思い出せるかもしれません!

木崎:わたしが演じた女の子はあざといところがあって、最後の最後まで複雑な女の子です。現代に多いタイプで、彼氏はいるけれど近い距離も大事で、今の10代を象徴している子ですね。わたしは男性との友情はないなって思うタイプですが、彼女は違うので、そういうギャップも観ていて楽しめるかもしれないです(笑)。


映画『9つの窓』は、大ヒット公開中!



■参照リンク
映画『9つの窓』公式サイト
akb-shortshorts.com

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】
続きを読む
DC特集:AOLニュース

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング