レオナルド・ディカプリオがついに悲願のアカデミー賞受賞!!ネット上が祝福のツイート祭りに

3番DHブライアント


現地時間28日に開催された第88回アカデミー賞で、『レヴェナント:蘇えりし者』のレオナルド・ディカプリオがついに主演男優賞を受賞、ネット上では世界中から祝福の声が巻き起こっている。



今年のアカデミー賞一番の注目だったのが、主演男優賞にノミネートされたレオがついに悲願の受賞となるかどうか...だった。これまで4度アカデミー賞にノミネートされながら、一度も取ることができなかったことから、「アカデミーに縁がない」「いつか取らせてあげたい」など散々言われてきたレオ。そんなレオが、今年5度目のノミネートにしてついに悲願の受賞となった。

プレゼンターのジュリアン・ムーアがレオの名前を呼びあげると、客席は満場の拍手でスタンディングオベーションに。特に『タイタニック』で共演以来の親友であるケイト・ウィンスレットが涙ぐみながらレオに祝福のまなざしを向ける姿は感動的である。


またネット上ではこれを受けて、レオへの祝福コメントでお祭り状態に。








ちなみにレオは、約2分半の受賞スピーチで、『レヴェナント:蘇えりし者』監督のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、共演のトム・ハーディはじめ、長年の恩師的存在であるマーティン・スコセッシ監督など関係者や家族に謝意、そして彼自身が長年携わっている環境問題についても触れ、感動的な内容とこちらも絶賛の嵐だったようだ。



■2月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング