俳優として5度目のノミネートで悲願のアカデミー賞主演男優賞を獲得したレオナルド・ディカプリオ主演『レヴェナント:蘇えりし者』が4月22日より公開となる。ディカプリオは、ハンティング中に熊に喉を裂かれ瀕死の重傷を負った上に、目の前で息子を殺され復讐心をその胸に宿す主人公を熱演。親子の強い絆を鬼気迫る演技でドラマティックに演じている。この度、今最も注目を集めている本作を引っさげ、 "オスカー俳優"ディカプリオ(41歳)の来日が、急遽決定した!


ディカプリオは、今月23日(水)には、東京・六本木ヒルズ・アリーナで行われる本作のジャパン・プレミアイベントに登壇予定。日本のファンにアカデミー賞主演男優賞受賞を報告し、喜びをわかちあう場となる。彼の来日は、2014年1月の『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のPR以来2年1か月ぶり、10度目となる。最高の自信作を引っさげ、日本のファンに何を語るのか? その一挙手一投足に日本中が注目する!



22年越しの初オスカーを手にしたディカプリオだが、日本ではアカデミー賞にノミネートされるや否やディカプリオを応援すべく、「今回こそは獲ってほしいよなぁ 今回はそれに値する演技だと思うよ!」などとハッシュタグ【#レオにオスカーを】で応援ツイートが多数投稿された。それは、受賞した瞬間から「レオ様おめでとう!絶対見ます」「必ずアカデミー賞獲ってくれると信じていたから、本当に良かった...」という祝福の投稿へと変わり、SNS上にも喜びが溢れた。日本だけでなく、主演男優賞発表の瞬間から、アカデミー賞授賞式中継時のツイート数として史上最高となる1分間になんと44万以上のディカプリオ関連のツイートが投稿されたという。いかに世界中の人々が、ディカプリオの受賞を心待ちにしていたかの証明となる。


これまで多彩なキャラクターを演じてきたレオナルド・ディカプリオにとって、ヒュー・グラスの役はまったく新たなチャレンジとなった。雪深く埋まり、マイナス5度の中で裸になり、極寒の川に飛び込み、自ら多くのスタントを手がけた。グラスは先へ進みながら、大きく変わっていく。ディカプリオは多様な色合いの微妙なディテールに拘った細心の演技で、感動的なクライマックスにつなげる。肉体的に最も過酷な役であると同時に、ほとんどセリフを語ることのない難役を見事に演じきった。

公開まで1ヶ月を切った日本のファンの前で、悲願を達成し興奮冷めやらぬ中、何を語るのか?日本が、そして世界中の注目が集まる。


舞台は19世紀アメリカの広大な未開拓の荒野。狩猟中に熊に喉を裂かれ瀕死重傷を負ったハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は、狩猟チームメンバーの一人、ジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に見捨てられ置き去りにされてしまうばかりか、愛する息子を殺されてしまう...。"生きる"という純然たる意志だけを武器に、グラスは大自然の脅威なか、厳しい冬の寒さに耐え、交戦中の部族の熾烈な襲撃を交わし、フィッツジェラルドに復讐を果たすため、約300キロの容赦ない旅を生き延びなければならない――。彼は、生き延びることが出来るのか...。



(C)2016 Twentieth Century Fox

映画『レヴェナント:蘇えりし者』は2016年4月22日TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー

■参照リンク
映画『レヴェナント:蘇えりし者』公式サイト
foxmovies-jp.com/revenant/

■3月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】