大ヒット映画シリーズ最新作『デスノート 2016』に女優・戸田恵梨香が出演することが発表された。


主演の東出昌大を始め、池松壮亮、菅田将暉ら最も旬な若手演技派俳優たちが豪華共演を果たす本作。原作に存在しながらも未だ使われていなかった"人間界で同時に存在していいノートは6冊まで"という【6冊ルール】が重要な鍵を握り、キラ復活を望む者、それを阻止する者たちによる「デスノート」をめぐる究極の頭脳戦が繰り広げられる。

先日、デスノート保持者の一人を演じるキャストとして、元AKB48・川栄李奈の出演も発表され話題になったが、この度発表された新キャストは女優の戸田恵梨香。戸田は、2006年に公開された『DEATH NOTE』でスクリーンデビューを果たし、同年公開の『DEATH NOTE the Last name』、2008年公開の『L change the WorLd』へも出演している、まさに映画「デスノート」シリーズを語る上では欠かせない存在だ。

戸田が演じてきた弥海砂(あまね・みさ)はトップアイドルでありながら、死神に魅入られデスノート保持者となった人物。天真爛漫で無邪気な性格から想像できぬ、過激な行動力を合わせ持ち、愛する夜神月(藤原竜也)のために"第二のキラ"となるヒロインだ。月のために自らの残りの寿命の半分を差し出し"死神の目"を契約するほどの一途な愛と、デスノートによる抹殺を遂行する過激さを持ち合わせる海砂のキャラクターを見事に演じきった戸田は、原作ファン・映画ファンから高い支持を獲得した。

そしてこの度、ファン待望の"ミサミサ"復活が実現する!本作における海砂は、10年前にデスノートの所有権を放棄したことによりデスノートに関する記憶を失っている。月への想いは持ち続けたまま女優として活動する彼女。だが、6冊のデスノートが持ち込まれた世界では、月とLの戦いを知る海砂の"記憶"が鍵となる。海砂の"記憶"を狙う人物とは...?

スクリーンデビューを飾った思い入れの強いシリーズの最新作に出演することに対し「恐怖の方が強かった」と語る戸田。「10年前の『デスノート』のときはまだまだ新人で、役者を始めて1年も経っていないのにとても大きな作品に参加させていただいたので、芝居もままならない状態でした。だから前作を観ると恥ずかしくて仕方がないんですけど、今回はその当時に戻れるのか、戻っていいのか? 戻るべきなのか、進むべきなのか? いまの自分だったら、海砂をどう演じられるのだろうか? というところでとても悩みました」と役作りへの思いを吐露、さらに「10年経ったいま、『デスノート』を通してまた改めて伝えられるメッセージがあるのかもしれないなと思います」と本作への意気込みを語っている。

果たして海砂はまたデスノートを手にしてしまうのか?いかにして、デスノート争奪戦へと巻き込まれていくのか?今後の続報にも期待せよ!

映画『デスノート 2016』は10月29日(土)より丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国拡大ロードショー

©大場つぐみ・小畑健/集英社 ©2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS



■参照リンク
映画『デスノート 2016』公式サイト
wwws.warnerbros.co.jp/deathnote2016/

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】