『民王』4月にスペシャル&貝原秘書主演のスピンオフドラマ放送に歓喜の声続出!「ずっと待ってた」「泣いてる」

五郎丸オガム

2015年7月から放送された人気ドラマ『民王』(テレビ朝日)の「スペシャルドラマ」と「スピンオフドラマ」が4月に放送されることが決定し、ネット上ではファンから歓喜の声が多数寄せられている。


本作は、内閣総理大臣とおバカな息子が入れ替わるという斬新な内容がスタート直後から多くの反響を呼び、W主演の遠藤憲一、菅田将暉の卓越した"入れ替わり演技"、高橋一生、金田明夫ら俳優陣の秀逸な会話劇などで人気沸騰に。そんな『民王』が、連続ドラマの"その後"を描いた『スペシャル』そして連ドラの"その前"を描いた『スピンオフ』となって、4月に2週連続で復活する。

2週連続の1週目となる4月15日(金)に放送されるのは『民王スペシャル~新たなる陰謀~』だ。今回は、泰山と翔だけでなく、閣僚たちまでも幼稚園児たちと入れ替わってしまう。また、この陰謀の調査に奮闘する公安刑事として、大倉孝二と門脇麦が新たなキャストとして出演することがわかった。

そして2週目となる4月22日(金)には、『民王』として初めてのスピンオフ作品『民王スピンオフ~恋する総裁選~』が放送される!武藤泰山の公設第一秘書・貝原茂平を主人公に、連続ドラマの"その前"が描かれる。貝原が泰山の元にやってくる5年前の政界が舞台にした本作では、貝原がほのかに想いを寄せる聡明な美女・雪野詩音というキャラクターが登場する。こちらは雪野役で相武紗季が、当時貝原が仕えていた国会議員役で升毅が出演する。

人気ドラマの復活を受け、ネット上では、「ずっと待ってたよおお」「めっちゃうれしい」「小躍り中」「何これ楽しみすぎる」「テレ朝ありがとう!!」「今年最大級に楽しみ」「胸アツすぎる!!」「菅田くんやっほい!!!」「エンケンさん、『お義父さんと呼ばせて』と混ざってわけわかんなくなりそうwww」と歓喜の声が続出している。

さらに、本編の放送中、女性視聴者からの人気を集めた貝原のスピンオフ主演に対し、「うおおおおお貝原が主役!!!!!!」「貝原スピンオフありがとうございますありがとうございます」「貝原主役とかなにごと!!」「貝原の恋愛もの...見たいけど見たくない...複雑すぎる...」「貝原主役嬉しすぎて夢なんじゃないかと」「貝原って童貞じゃないの?!!」「公設秘書貝原担当の私は泣いてる」と様々な声が寄せられている。




■参照リンク
『民王』公式サイト
www.tv-asahi.co.jp/tamiou/

■3月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】
続きを読む

編集部おすすめ

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング