SMプレイやボンデージプレイを楽しめる『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』みたいな大人のホテル計画に近隣住民から戸惑いの声

AOLニュース編集部 捜査二課


官能小説を原作にしたヒット映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』をイメージさせるようなホテルが話題になっている。

https://www.youtube.com/watch?v=JlSWFRxA1mI


英ケント州フォークストーンにある「Westward Ho! ホテル」のオーナーであるジョン・ハクスリーさん(47)は、この古いホテルをSMプレイやボンデージを楽しめるホテルへとリニューアルする計画を立てているそうだ。

同ホテルは2015年5月に、地方自治体によって"ホテル施設というより、政府から資金援助を受けている低所得の人々が居住する共同住宅になっている疑いがある"という理由で強制的に閉館させられていた。

しかし、ジョンさんは自治体の強制措置に異議を唱え、2016年2月に計画審査庁が措置を取り消すことに。その結果、ジョンさんは多額の賠償金を手に入れた。彼には約1万~1万5千ポンド(約163万~244万円)の賠償金が支払われる予定だそうだ。

ジョンさんはこの賠償金を資金にして、ホテルを新装開店するつもりでいる。新しいホテルは、映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』をイメージして、SMプレイ、ボンデージ、乱交ルームなどを備えた"大人のホテル"に生まれ変わる予定だとか。マニアの常連客だけではなく、観光客の滞在や、週末のお楽しみのためにも利用してほしいという。

「怪しげなビジネスをするつもりはない」と語っているジョンさんだが、近隣住民のサイモン・チャーチさん(38)は「この件は一貫して怪しげ。SMプレイや乱交を楽しむ人が出入りするホテルの近所には住みたくない。そういう人たちがジェイミー・ドーナン(グレイ役)とダコタ・ジョンソン(アナ役)のようになれるわけないんだから...」と語っており、映画のスタイルを真似たホテルに対する近隣住民の反応は冷ややかだ。

【参照リンク】
http://www.mirror.co.uk/

■3月のAOL特集
まさかのポロリセレブが大集合【フォト集】
続きを読む
DC特集:AOLニュース

編集部おすすめ

『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」
『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」
Watch

『スーサイド・スクワッド』悪カワヒロインを演じたマーゴット・ロビーが語る撮影裏 「全部現場で爆発させていたから、当たるガラスも本物!楽しかったけれど体はボロボロだったわ(笑)」

プレゼント

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー

人気記事ランキング