りゅうちぇるに「キャラ偽装疑惑」!?野村周平の指摘がネット上でも話題に


モデルのりゅうちぇるが、3月22日に放送された『さんま御殿2時間SP』(日本テレビ系)に出演し、俳優の野村周平からキャラについて指摘を受け、慌てふためく場面があった。



自身の恋愛について「女の子が好きなオカマ」と語り、"お兄い"という新たなジャンルに属するという、りゅうちぇる。最近の悩みは、朝起きると男の低いガラガラ声が出てしまうことや、興奮すると尿漏れしてしまうことなどを明かし、この日もスタジオを大いに盛り上げた。

そんな中、番組では、芝居が上手すぎる俳優や女優をみると、本当の人格が分からなくなるという話題に。すると、野村はりゅうちぇるの方を振り向き「こういうタイプは普段どうなのかな。だって、今、芝居してるでしょ?」とキャラを作っているのではないかと疑った。

突然のキャラ偽装疑惑に、りゅうちぇるは大慌てで「してないよ!え、なに?」と否定し、「ちょっと~、営業妨害!」とやんわりと抗議。しかし、野村は「普段からコレだったら疲れるでしょ」とさらに追及。りゅうちぇるは満面の笑みを浮かべながら「うそ、でも全然だよ!」と普段から明るいキャラであることを強調した。

だが、今度はこれに明石家さんまが「いや、そういうキャラの人、みんな疲れてるで」と指摘。ぶりっ子なアイドルキャラで売るももち(嗣永桃子)の名前を挙げながら、キャラを作っている人の裏側を暴露していた。

これを観た視聴者は、ネット上に「りゅうちぇるの時々見せる素の顔好き」「ワロタ」「また詐欺師扱い...ww」「りゅうちぇるキャラ面白すぎるww」などのコメントを寄せていた。





■参照リンク
りゅうちぇる公式twitter
https://twitter.com/ryuzi33world929


■3月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】
続きを読む