俳優の藤原竜也が3月24日に放送された『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)に出演し、競馬を見事的中させる場面があった。


映画『カイジ』で主人公のギャンブラーを熱演した藤原。その私生活は、オフの日になると競馬場に通うほどの競馬好きで、まさにリアルカイジな生活を送っているのだという。番組では、藤原の「ジャンポケ斉藤の競馬予想は本当に当たるのか?」という疑問を解決するため、ジャングルポケット・斉藤慎二と東京競馬場でレースを予想した。

斉藤は、3年前から競馬番組のMCを担当し、100万円クラスの高配当を何度も的中させている。そこで、過去のレース結果がなく予想が難しいデビューの馬が走る新馬戦で、16頭から1着を予想し、斉藤の予想家としての腕を確かめることに。しかし、藤原は斉藤の予想に疑問を感じ、急きょ自分でレースを予想。2人はそれぞれ自腹で5万円分の馬券を購入し、ガチンコの予想対決をすることになった。

レースが始まると、2人が予想した2頭の馬は先頭集団に入り順調な走りを見せた。最後の直線に入ると、藤原が予想した10番が一気にトップへ躍り出て、圧倒的な走りでそのままゴールした。見事的中させた藤原は20万円を獲得した。

VTR後、櫻井翔から「なんであの馬を選んだんですか?」と質問されると、藤原は「馬を間近で見た総合的な判断」と説明。一方、斉藤が予想した馬は最下位だったことから、有吉弘行は「絵に描いたようなヤラセのような1位と最下位。お見事でしたよ!」と話し、藤原の華麗な勝利に驚いていた。

藤原が競馬で20万円を見事的中させる様子は、ネット上でも大きな話題になった。ネット上には「マジでかっこいい」「リアルカイジすぎて面白い」「勝負運ハンパねぇ!」「かっけぇええ! ジャンポケどーした笑」「リアルカイジじゃねえか」などのコメントが集まっていた。



■参照リンク
『櫻井有吉アブナイ夜会』公式サイト
http://www.tbs.co.jp/abunaiyakai/
僕だけがいない街
http://wwws.warnerbros.co.jp/bokumachi/

■3月のAOL特集
美女絢爛!第88回アカデミー賞レッドカーペットが豪華すぎ【フォト集】