日向小次郎かよ!早くも2016年ベストゴールの呼び声 アフリカ選手権で南アフリカの選手が60m弾を決める【動画】


3月27日に開催された、アフリカ・ネーションズカップ予選、カメルーン対南アフリカの試合で、約60メートル離れた距離からの超ロングシュートが決まり「ミラクルすぎる」と話題になっている。



1-1のドローで前半を折り返した後半、南アフリカのフロムポ・ケカナは左サイドから駆け上がり、相手キーパーが前に出ていることを確認すると、センターサークルより自陣寄りの遠い位置から鋭いシュート放った。ボールはゴールに向けて低めの弾道からゴールのど真ん中に飛び込んだ。

各国のメディアやゴール紹介サイトも「今期のベストゴール、プスカシュ賞確定!」と興奮気味だが、ケカナがカメルーン選手からボールカットしカウンターに転じるタイミング、相手キーパーの位置を把握しながら狙いすましたシュートの質や精度など「年間ベスト」という表現が相応しい内容といえる。

この劇的なゴールで2-1とリードした南アフリカだが、その後カメルーンに追いつかれ2-2のドローで試合は終了。残念ながら歴史上に残るファインゴールで勝利とはならなかった。

■3月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む