ついに連載再開!「HUNTER×HUNTER」最新話・第350回にファン大興奮!「どれだけ待ったことか」「作画綺麗すぎ」


4月18日(月)に発売された「週刊少年ジャンプNo.20」で冨樫義博による大人気作品「HUNTER×HUNTER」が連載再開され、話題を呼んでいる。


2014年8月に発売された本誌に掲載されて以降、実に1年8月ぶりに再開された「HUNTER×HUNTER」。センターカラーを飾った350話となる今回の表紙は何やらあやしげな壺をバックに主要メンバーのひとりであるクラピカがたたずんでいるデザインだ。「蠢く強欲、壺は孕み−」とのアオり文句は、この壺が重要なアイテムであることをさしているのか。

「暗黒大陸編」となる今回の物語はクラピカを中心に進み、ゴンやキルア、レオリオといった主要メンバーは出てこないものの、ビスケ、センリツ、ハンゾーなど既出キャラクターが登場している。整った作画や意表をつく展開に、作者・冨樫の衰えることのない才能を感じる読者も多いようで、連載再開を心待ちにしたファンの期待にしっかり応えている。また、週刊少年ジャンプの読者アンケートには「再開された『HUNTER×HUNTER』の掲載が今号を購入したきっかけですか」との特異な質問項目があり、編集部側も今号に期待を寄せるファンの多さを感じているようだ。

今回の「HUNTER×HUNTER」を読んだファンからは「コンビニにジャンプがない...」「クラピカーー!!」「文字数多いしすげー濃い」「ビスケwww」「ビスケたんかわいい」「前回までのあらすじ忘れたwww」「どれだけ待ったことか」「『遊☆戯☆王』も載ってるしほんとに今2016年?」「カキン王子覚えなきゃ」「ハンタの絵が綺麗なだけで感動する」「会話も深い」「次号も載るなんて感動」と様々な声が相次いでいる。

さらに、作者の冨樫義博は、目次ページに「便座に座れる幸せ」とコメントしており、腰痛を悪化させていたことを示唆している。これに対し、「冨樫腰痛だったのか...」「治ってよかった」「大丈夫か」「心配だ...」「いろいろ言って申し訳ない」と作者の体調を気遣う声も寄せられている。




■参照リンク
集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト
shonenjump.com
少年ジャンプ編集部 Twitter
https://twitter.com/jump_henshubu

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む