『万年B組ヒムケン先生』個性的な野球少年・ケブ君のキャラが衝撃的すぎるとネット上で話題に


4月25日深夜に放送された新番組『万年B組ヒムケン先生』(TBS)に、なんとも個性的な野球少年が登場。番組中で垣間見せたそのあまりに強烈な個性が視聴者の間で話題となっている。


この日、番組のスタッフは秋葉原の路上で、道具も持たずにシャドウプレイと思しき野球の練習をしている謎の野球少年・ケブ君(17)に遭遇。一見してわかる野球への情熱を持つ彼に、バナナマン・日村演じる"ヒムケン先生"を派遣し、彼に熱血指導をすることとなった。しかし、それまで一切野球経験がないにもかかわらず、水島新司の人気野球漫画『あぶさん』を見て衝撃を受け、いきなり野球に目覚めたという彼は、お金がないため、普通の白シャツに自ら色を塗って、同漫画の主人公・景浦安武が所属する南海ホークスのユニフォーム風に仕上げた練習着と、自作した南海キャップを身につけて、ひたすら「遊撃手のプレイ」をイメージした"エア野球"的な激しい練習を繰り返すのみ。しかも、そうした光景を眺める日村の前で、彼がようやく取り出した野球用具はプラバットのみという状況であった。

そうしたあまりに独特な練習風景に、なんとも言えない衝撃を受けてしまった日村が話を聞いてみると、彼はそうした状況のもとでも、プロ野球選手を目指しているとのこと。そこで、日村が促す形で、ドラフトで指名された時の光景をイメージし、彼にリアクションをとってもらったところ、埼玉西武と千葉ロッテへの入団を希望しているという彼は、近くのコンビニで買ってきたコアラのマーチを掲げながら記者会見する姿までイメージするほどの熱のこもったリアクションを披露。こうした彼のリアクションを見た日村は、心底うれしそうな表情で「お前、すっごいいいヤツじゃないかよ!」と声をかけた。

こうしたケブ君のあまりに衝撃的な練習風景に、VTR明けのスタジオではばいきんぐ小峠が「ちょっと長めの衝撃映像でしたよ!」とツッコミを入れたが、一方、ネット上の視聴者からは「日村さんの優しさも伝わるし、それがケブくんのピュアさを引き立てる」「頑張ってくれ!」「おもしろすぎる。本気だな」「ケブくん絶対いい奴」「いい子だなぁ」といった彼に対するエールも寄せられている。彼の野球への姿勢は真剣そのものなだけに、ドラフト候補になるかどうかは別にして、いつまでもその夢を大切にして頂きたいところだ。


https://youtu.be/9Kq7XaFqqwY


■参照リンク
『万年B組ヒムケン先生』公式サイト(月曜深夜0時58分からTBSにて放送)
www.tbs.co.jp/himukensensei/
『万年B組ヒムケン先生』Twitter
https://twitter.com/himukentv

■今月のAOL特集
セレブたちの知られざる兄弟姉妹【フォト集】
続きを読む