『Mステ』スピッツ・草野マサムネがBABYMETALに見せた「ある気遣い」が話題に 「イイ人すぎる」「可愛いw」


4月23日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系列)に3年ぶりにスピッツが出演、その時ヴォーカル・草野マサムネが見せた、あるふるまいが話題を呼んでいる。


スタジオで司会のタモリの後ろに座っていた草野。そのすぐ横にはBABYMETALの3人が並んで座っていたのだが、この時の草の野座り方がちょっとした話題となった。
草野とBABYMETALとの間には至近距離にも関わらず狭いスペースが出来ており、草野は反対側に座っているバンドメンバー・テツヤの方に体ごと傾いて座っていたのだ。引いてみると、まるで草野が自分の体がBABYMETALに触れないように自分のバンド側にわざと体を委ねているようにも見える、何とも不自然な座り方に。

またBABYMETALの番の際、タモリから「スピッツ草野くん、BABYMETAL聞く?」と突然ふられた草野。すると「『 ド・キ・ド・キ モーニング』って曲がイイです・・・」とややはにかみながら返答。続けて「気分があがります。あのYouTubeとか・・・CDも持ってます」と語り、BABYMETALを応援していることをうかがわせた。

この草野のアイドルに対する気遣いともとれる振る舞いに、ネット上では「アイドルと体が触れない様に気を使い過ぎる草野さん、可愛いw」「すごい隣りに寄ってるw」「触れないようにすごい気遣って見える、良い人」「これ電車内の俺らだ・・・」「人柄が出てるよなー」「絶対イイ人だよね」などの声が挙がっている。

なお、この日自分たちの番で歌い出しを間違えるというハプニングにも見舞われた草野。エンディングで、「生放送、勉強になりました」と語り、スタジオの笑いを誘っていた。



■参照リンク
『ミュージックステーション』公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/music/


■今月のAOL特集
マコーレー・カルキン、エドワード・ファーロングら元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む