自分で交渉!樹木希林が披露した独自の「ギャラ交渉術」がスゴすぎると話題に 「さすが希林さんw」


女優・樹木希林が、5月16日に放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に出演。自ら行っているギャラ交渉について明かし、SMAP・中居正広を驚かせるシーンがあった。


現在、樹木は芸能事務所に所属せず、マネージャーが存在しないことから、仕事のスケジュール管理から現場入り、ギャラ交渉まで務めている。中でもギャラの交渉は一番楽しいそうで、「電話で。相手の気持ちが手に取るように分かるからさ」と楽しそうに話した。

基本的に自ら駆け引きを仕掛けることはなく、まず相手の出方を見るそう。中居が「1000円って言われたら?」と尋ねると、樹木は「タダでも出る時は出るのよ」「(作品が)お金を乗り越えてると、わりかし楽に交渉できるわね」と作品次第であることを明かした。

また、交渉中に「それじゃ出られないわ~」「台詞忘れちゃう~」などと駄々をこねてギャラアップしてもらうこともあるそう。中居が「そんなことあります?」と驚くと、「70歳過ぎたら大体アリですよ」と笑顔で話した。

中には交渉が決裂し、出演を見合わせることもあるという。中居が「それはイヤですね」と話すと、樹木は「イヤじゃない何も。だいたい仕事をやりたいという風に思ってないから」「病気はいい口実なの」と平然と話し、笑いを誘っていた。

これを観た視聴者は、ネット上に「ギャラ交渉もやるんか」「交渉の仕方が面白いですね」「さすが」「ギャラ交渉見たい」「お金にめっちゃ囚われていて面白い」「相手の出方をみる希林さんww」「交渉が上手い」などのコメントを寄せていた。





■参照リンク
『SMAP×SMAP』公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/smapsmap
フジテレビ twitter
https://twitter.com/fujitv


■今月のAOL特集
マコーレー・カルキン、エドワード・ファーロングら元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む