SKE48・大場美奈も出演!『アンフェア』原作者・秦建日子が脚本&初監督『クハナ!』9月3日公開


篠原涼子主演の人気ドラマ&映画『アンフェア』シリーズの原作者・秦建日子が、新たに書き下ろした脚本を元に<初監督まで務めた>映画『クハナ!』が大完成!三重県内桑名市を中心とした北勢地区で撮影され、無事3月にクランクアップ!東海地方の人気アイドル・グループが大集結している話題中の話題作が、全国の劇場公開に向けて始動した!


このほど伊勢志摩サミットで注目を集めた三重県が舞台の本作は、街の人口減少や少子化で廃校が決まっている小学校に、元プロジャズプレイヤーという謎の先生が新しく赴任するというストーリー。子どもたちは最後の小学校生活にと、ジャズのビッグバンドの練習に精を出すことに。多くの問題を乗り越え、大会を勝ちまくる快進撃を記録するが......。

"子どもに元気を! 大人に勇気を! 町に夢を与える映画"をコンセプトに掲げた本作には、東海地方の人気アイドルや人気グループが、垣根を超えて友情出演を果たしていることでも話題に。大場美奈(SKE48)、咲良菜緒、秋本帆華(チームしゃちほこ)、平松賢人(BOYS AND MEN)と、いずれも東海地区の抜群の知名度を誇る人気ユニットのメンバーで、笑いと涙と音楽に満ちたハートウォーミングな物語を彩っている。

このうち大場は、「今回、秦さんの映画に出演させていただくことになり、とても嬉しいです。映画『クハナ!』が三重県桑名市を舞台にしているということで、私は普段隣の愛知県名古屋市の栄を中心に活動しているSKE48なので、映画に出演できたのもいろいろなご縁だなと思いました。三重県だからこそ出る雰囲気がすごく懐かしさを思い出させる感じなので、ぜひ皆さんにもそれを実感して観てもらえたらなと思います」とコメントした。

最後の学校生活を送る子どもたちの勇気と情熱が、閉塞気味の街の大人たちをも元気にしていく、笑いと涙と音楽に満ちあふれたハートウォーミングな物語『クハナ!』。友情出演のメンバーのほかメインキャストの名のある役者陣たちに加え、総勢2,000名もの応募のなかからオーディションで選ばれた、東海地方の子どもたちの熱演も早くも話題になっている本作。初メガホンを握った秦建日子の演出力も含め、全国公開が待ち遠しい一作だ。

映画『クハナ!』は、2016年9月3日(土)より、イオンシネマ桑名・津・東員・名古屋茶屋ほか東海地区先行公開。2016年10月、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー!



■参照リンク
映画『クハナ!』公式サイト
kuhana.jp

■今月のAOL特集
世界のかわいい動物たち【フォト集】
続きを読む