恋人とキスした直後に女性が死亡 その衝撃的な死因に専門家からも警鐘が

西山わこ

2012年に起こったひとつの悲しい事件がいま海外で改めて取りあげられている。


当時、20歳のミュリアム・デュクレ=リメイさんは、ボーイフレンドとキスをした直後に死亡した。ボーイフレンドがその少し前、ピーナツバターサンドイッチを食べたのが原因だった。彼は、ミュリアムさんが重度のピーナツアレルギーということを知らなかったとされている。

キスの直後、呼吸が困難になったミュリアムさんは持っていたぜんそく用の吸入器を使ったが効果がなく、ボーイフレンドに救急車を呼ぶようお願いした。救急隊員が到着する前に、ボーイフレンドは心肺蘇生法(CPR)を試みたが、残念ながらミュリアムさんが目を覚ますことはなかった。

カナダ・モントリオール小児病院の小児アレルギー・免疫科のクリスティン・マカスケル医師によると15歳から30歳までは"危険性のある年齢"であり、深刻なアレルギー発作が起こりやすい。ミュリアムさんは、その日エピペンを持っていなかったが、持っていたらここまで急激に悪化させずに済んだかもしれないとマカスケル医師は言う。重度のアレルギーを持っている場合は、肌身離さず持ち歩くことが賢明だ。

マカスケル医師は「本人が気づかないうちに『なんか変な感じ...』から『これはまずい』に達します、あっという間なんですよ」と、注意を呼びかけている。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■今月のAOL特集
ハリウッドにみる年の差カップル【フォト集】
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー