大ブレイク中の若手女優・吉岡里帆が「いちばん会いたい人」とご対面!素朴なリアクションが「可愛すぎる」とメロメロになる視聴者続出


6月26日夜に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)に、朝ドラ『あさが来た』(NHK)や『ゆとりですがなにか』(日本テレビ)でブレイクした女優の吉岡里帆が登場。"今、一番会いたい人"と初対面を果たし、視聴者の間で話題となっている。


この日、番組にゲストとして登場した吉岡が「今、一番会いたい人」として挙げたのは、『龍馬伝』の題字でも知られる美人書家・紫舟。なんでも、吉岡は子供の頃から書道にのめりこんでおり、プロを目指していたほどの腕前なのだという。そんな彼女だからこそ、書家として世界を股にかけて活躍する紫舟の魅力に惹かれたようだ。今回、番組では、吉岡に対して、紫舟が現れることを事前に伝えず、インタビューという体でを呼び出し、紫舟と対面させた。そのため、突然、インタビューの場に彼女が現れるや、吉岡は目を丸くして驚き、「おおおおおおお...」とたじろぐ様子を見せた。「はじめまして...」と挨拶をしつつも、言葉を失うほどに驚いた彼女は、気を取り直した後で、「私は自分が書道をやっていたとき、すごく自信もなくなっていたし...すごく救われるんですよね、紫舟さんの作品を見て、私は」と紫舟への想いを告白。さらに、紫舟から書と特注の筆をプレゼントされると、満面の笑みを見せ、「いやー、かなり運使い果たした気分です」とその感動を語った。

こうした吉岡のリアクションを見た視聴者からは「素朴なリアクションがかわいいわw」「嘘のリアクションじゃなくてこういう自然な感じがいいよね」「里帆たんかわいい」「子供の頃の写真がめっちゃかわいくてびびったわwww」「まさかのモノマネも見れたしいい回だったw」「紫舟も美人アラサーという感じがいいね」といった声が寄せられた。『あさが来た』ではメガネっ娘・"のぶちゃん"こと田村宜役、『ゆとりですがなにか』(日本テレビ)ではゆとり世代の教育実習生役、といった具合に話題作で次々に好演を見せ、さらに、若手女優の登竜門でもあるゼクシィのCMに抜擢されるなど、注目を集めている彼女。この日は無茶振りされて、「バカヤロウ!この野郎!」とビートたけしのモノマネをはからずも披露したり、その幼き日の美少女写真などを公開したりするひと幕もあったが、今後もその個性あふれるキャラクターと、キュートなルックスに巷の人気と注目が集まりそうな気配だ。






■参照リンク
『行列のできる法律相談所』公式サイト(日本テレビ)
ntv.co.jp/horitsu/
吉岡里帆 Instagram
https://www.instagram.com/riho_yoshioka/

■今月のAOL特集
元人気子役たちの今&昔【フォト集】
続きを読む