大御所俳優モーガン・フリーマンに無茶ぶり!超フツーの映像にナレーションつけてもらったら格調高くなった!

AOLニュース編集部 捜査二課

other
あのモーガン・フリーマンに対し、超フツーの映像にナレーションをつけさせるという無茶振り動画が話題だ。

https://www.youtube.com/watch?v=t6VQHE5T0-E


名優モーガン・フリーマンが出演した米<ABC>のトーク番組『ジミー・キンメル・ライブ!』では毎回、司会のジミー・キンメルがセレブに妙なお願いをすることで知られている。モーガンも企画の主旨に(潤んだ瞳で)怪訝な表情を見せていたが、結局はスタジオの観客からの求めに応えてトライすることに。

そしてお題のVTRに映し出されたのは、米カリフォルニア州ロサンゼルスにあるハリウッド大通り(Hollywood Blvd)を行く一般の歩行者たち。まずモーガンは「Ahhh......Yeah」と渋い声で状況を掴むと、さっそくナレーションを付け始めた。

大勢の人々が行き交う道路を歩いてきたのは頭髪の薄い男性。彼は手に持ったスナック菓子のようなものを食べつつ、横断歩道を渡ろうとする。するとモーガンは

「頭の薄い男が......やってくる。何かを一口食べる......噛みしめる。さぁ噛みしめ......道を渡るのだ。噛みしめて......そして渡る......」

と、冴えない一般人のなんてことはない行動に、絶妙な間合いでナレーションを乗せてみせたモーガン。いつもの街角の風景が、彼の声が乗ることでドラマチックな映像に一変し、スタジオは笑いと歓声、そして大きな拍手に沸いた。

モーガン・フリーマンは次期大統領候補ヒラリー・クリントンを支持しており、彼女の選挙CMや、7月に行われた民主党全国大会で放映された伝記映像にナレーションを付けている。そのため最後には、キンメルからヒラリー支持を訴えるステッカーが贈られる場面もあった。

ベテラン俳優の意外なサービス精神に対し、ネット上では

「彼の声は神!」
「何にでも素晴らしいナレーションをつけるね!」
「私の人生にもナレーションつけてほしいw」
「デヴィッド・アッテンボロー(BBCの動物番組のナレーションを担当する動物学者)には負けるよ」

と、彼の素晴らしい声にあらためて賞賛が送られている。

【参照リンク】
https://www.youtube.com/watch?v=t6VQHE5T0-E



■今月のAOL特集
夏フェスに集うセレブたち【フォト集】
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー