金曜深夜の学園ドラマ『こえ恋』に永野芽郁ほか注目のCM美少女たちが大集合!



夏クールのドラマがクライマックスに入っていくが、深夜に贅沢なまで美少女を揃えて注目を高めているのが『こえ恋』(テレビ東京系/金曜24:52〜)だ。



高校入学早々に風邪で寝込んだ吉岡ゆいこは、クラス委員長の松原くんからの電話を受ける。彼のやさしい声にドキドキしたが、登校してみると松原くんはなぜか紙袋をかぶっていて......というストーリー。2人とその周りで胸キュンの恋愛劇が展開されている。


ゆいこを演じているのは永野芽郁。子役出身の16歳で、昨年映画『俺物語!!』のヒロインに抜擢。鈴木亮平が演じた主人公の剛田猛男に「好きだー!!」と恋される役で、ピュアなキュートさが大評判に。現在は長澤まさみ、能年玲奈らを継いで『カルピスウォーター』CMに出演中。ネクストブレイク候補の筆頭格だ。


『こえ恋』は初主演ドラマ。初恋にときめく素直なゆいこ役がハマって、抜群の愛らしさを発揮。文化祭でカフェをやった7話ではメイド服姿を披露して、「かわいすぎる」「キター!」などと視聴者のSNSをザワつかせた。

永野芽郁、大友花恋(大友花恋 公式ブログより)

彼女を観るだけでも美少女好きには十分だが、他の女子高生キャストも充実ぶりが半端ない。ゆいこの親友の西園あき役は大友花恋。前クールの『お迎えデス。』(日本テレビ系)での福士蒼汰の妹役や『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)の「胸キュンスカッと」出演などで話題になり、最近では♪ポーコダン〜と歌う『ポコロンダンジョンズ』CMに出演中。広瀬すず似とも言われている。

水谷果穂、大友花恋(水谷果穂 公式ブログより)

生徒会書記の青山雪役は水谷果穂。『大原学園』CMでデビューし、『地獄先生ぬ〜べ〜』(日本テレビ系)や『ナポレオンの村』(TBS系)などに出演してきた正統派美人だ。『こえ恋』では、ゆいこに想いを寄せる生徒会長をアシストしている。


5話を最後に転校してしまったが、ゆいこの恋のライバル・緑川玲那を演じていたのは唐田えりか。昨秋から『ソニー損保』CMに出演して知られるようになり、今回が本格的なドラマデビュー。お嬢様役らしい品のある演技で、かわいい系の永野との好対照を際立たせていた。


さらに、9月2日放送の8話からは元AKB48の川栄李奈も出演する。松原くんの幼なじみの高島カオリ役で、ゆいこの新たな恋のライバルに。松原くんが紙袋をかぶった過去も知っている様子で、終盤のキーとなりそうだ。ファンも多く女優としての評価も高めている川栄の登場で、さらなる盛り上がりが期待される。

ネットの感想サイトでは5点満点中、4点以上と軒並み高評価。「ここまで美少女が多いと内容に集中できない」とのうれしい悲鳴的な声もあるが、ゴールデンタイムのドラマが大人向けにシフトし、学園モノが減る傾向のなか、深夜の30分ドラマに期待の美少女を集めたことを歓迎する視聴者は多い。永野ら今回のキャストから、数年後にスターが生まれているのも間違いなさそうだ。

文・斉藤貴志

https://youtu.be/Cg7K8h8z-no


■参照リンク
「こえ恋」公式サイト(テレビ東京にて金曜深夜0時52分から放送)
www.tv-tokyo.co.jp/koekoi/
永野芽郁 公式Twitter
https://twitter.com/mei_nagano0924
大友花恋 公式ブログ
ameblo.jp/karen-ni-saku/
水谷果穂 公式ブログ
ameblo.jp/mizu1103/
続きを読む