公園の鳩なみにワシが群がってくる入江

AOLニュース編集部 捜査二課

other
たくましいワシたちが、まるで公園のハトのようにエサに群がる様子を捉えた動画がバズっている。

https://www.youtube.com/watch?v=y0pOndzESnY


北アメリカ大陸北部に生息し、その名の通り頭部と尾の部分が白猪が特徴のハクトウワシ。アメリカの威信、勇ましさと美しさを象徴する、いわば国鳥的存在である。地域によっては数が激減しているという説もあるのだが、そのハクトウワシが公園のハト並みに集まってくる入江がアラスカにあるようだ。

ミュージシャンのジェシー・ペックさんが、アラスカのダッチハーバーという入江の桟橋で魚の切り身を撒くと、大量のハクトウワシが大集合。BGMは米バンド、レイナード・スキナード(日本で言うと長渕剛的な存在?)の代表曲で「フリーバード」(日本で例えると谷村新司の「昴」的な曲)。

ハクトウワシの神々しいルックスと餌に群がる様子のミスマッチが、特にアメリカ人にとってはじわじわくるのだろう。ジェシーさんいわく「アラスカではよく見かける風景」とのこと。

実は以前にもダッチハーバーのハクトウワシ映像がアップされたことがある。駐車場に停めてあったトラックの荷台にやたらと大きな鳥が無数に集まっているので、何事か? と見に行ったところ、荷台に積んであった魚の入ったケースをハクトウワシたちが荒らしまくっていたらしい。

https://www.youtube.com/watch?v=nSQf66rTZvY


雄々しく獲物を狩るハクトウワシを想像していると、ごっつぁん状態でエサに群がる姿は複雑な気分になるかもしれない。とはいえハクトウワシも厳しい自然をサヴァイヴする野生生物なので、食べ物に対しては威信も尊厳もなくて当然だろう。


■フォトギャラリー
気合入りまくり!セレブ達のハロウィンコスプレ【フォト集】




■参照リンク
http://laughingsquid.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー