オバマ大統領と一緒にネットでネタにされてきたジョー・バイデン副大統領、トランプ勝利を受けて再びイジられ始める!?

AOL News Staff

米大統領選挙が終わり、ドナルド・トランプ氏の劇的な勝利に米国中が沸いている一方で、ネットでは、現政権で副大統領を務めるジョー・バイデン氏のミームが再び注目を集めている。


ジョー・バイデン氏はこれまでに何度もネット上でネタにされており、2014年には米紙『New Yorker』に"アメリカ政治におけるポップカルチャー"と紹介された。また、彼はコメディ番組『Parks and Recreation』にゲスト出演したり、米の人気コメディドラマ『となりのサインフェルド』のエレイン役で知られるジュリア・ルイス=ドレイファスとコントを演じたりもしている。

そんなバイデン氏だが、以下のようにだいぶ前から、オバマ大統領とセットでツイッター民によりネタにされてきた。

オバマ:ジョー、みんなに手を振ってくれ
バイデン:私は指を差すぞ
オバマ:手を振るだけでいいんだ
バイデン:......

[一般教書演説を書きながら]
オバマ:ああ、一般教書演説で何を言おうかな......
バイデン:とりあえず「超カッコイイ」でいいんじゃね?

「ああ暇だ。なんで俺っていつもドライブスルー担当なんだろう」

バイデン氏自ら、オバマ大統領との仲の良さをネタにしたことも。

バラク、55歳の誕生日おめでとう。私にとって君は永遠の兄弟であり、友人だ。

今回の選挙結果を受けて、次期大統領のトランプ氏や副大統領就任が決まったマイク・ペンス氏を引き合いに出した新たなネタ画像も生まれている。

バイデン:後釜として責任重大だよ
ペンス:副大統領の責任は大きいのはわかっていますとも
バイデン:いやちがう。ミームとしての責任だ

オバマ:ドナルド・トランプが次期大統領だ
バイデン:......

もちろん、こうした画像が出回ったとしてもトランプ氏にとっては何のダメージにもならないだろう。バイデン氏はこうしたジョークに関してコメントを控えているが、多くの人に笑いを提供していることは彼にも伝わっているはずだ。

■参照リンク
http://www.aol.com/

■今読まれてます!
レディオヘッドのトム・ヨークがアメリカ大統領選挙に対して意味深ツイート
ロバート・デ・ニーロがトランプに激怒! 「あいつの顔を殴ってやりたい」罵倒ビデオが制御不能な勢いで拡散中
トランプ氏当選確実で、クリントン支持者がホワイトハウスで「反トランプ」コール
トランプ勝利に賭けて約1億円以上儲けた富豪が話題に

■フォトギャラリー

■フォトギャラリー

続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー