「死ぬまで働く予定があるか?」というミレニアル世代に対する調査で、日本が世界トップに・・・

AOL News Staff

どんな職に就いていたとしても、ゴールの見えないま生涯働き続けなければなければいけないのかどうか、不安に思っている方は多いはず。しかし、働き始めて間もない(?)いわゆるミレニアル世代(1982年から1996年生まれ)は、一生働くと腹をくくっている人が多いようだ。

Team working at a start up
世界各国の働くミレニアル世代は、一生を終える前に仕事をリタイアするという選択をどう考えているのだろうか?

米マンパワーグループは、 25カ国の働くミレニアル世代1万9,000人に調査を実施。そのうち、「死ぬまで働く予定があるか?」という以下のアンケートは気のめいるような結果になった。

死ぬまで働く予定と答えたミレニアル世代
米マンパワーグループ、労働白書「ミレニアル世代のキャリア 2020年に向けたビジョン」より

1位 日本 37%
2位 中国 18%
3位 ギリシャ 15%
4位 カナダ 14%
同率4位 インド 14%
同率4位 シンガポール 14%
7位 イタリア 12%
同率7位 オランダ 12%
同率7位 イギリス 12%
同率7位 アメリカ 12%
11位 オーストラリア 11%
12位 ブラジル 10%
13位 ドイツ 9%
同率13位 ノルウェー 9%
15位 フランス 8%
同率15位 メキシコ 8%
同率15位 スイス 8%
18位 スペイン 3%
(19位以下は省略)


調査の結果は、何と日本が断トツの1位で、実に日本の3分の1以上のミレニアル世代の若者が、仕事を死ぬまでリタイアするつもりがないと答えた。

世界的に見ると、半数以上が65歳以降も働くと回答しており、さらに驚くべきことに、世界のミレニアル世代の12%が死ぬまで働くと考えているのだ。

また、同白書によると、2020年までには、ミレニアル世代が世界の労働力の3分の1以上を占めることになるという。

■参照リンク
マンパワーグループ ニュースリリース
http://www.manpowergroup.jp/navi/press/160524_001.html
http://www.aol.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー