セリーヌ・ディオンが、実写版『美女と野獣』に新曲を提供!

AOL News Staff

セリーヌ・ディオンは、ディズニー映画『美女と野獣』の実写版映画に新曲を提供することを明らかにした。


これは、セリーヌが、SNS上で明らかにしたもの。「ディズニーの『美女と野獣』で『How Does A Moment Last Forever』という新曲を披露するの。この事をお伝えできてうれしいわ」と、3月10日(現地時間)に発売予定の実写版のサウンドトラックのジェケット写真付きでファンに報告した。



この新曲を作曲したのは、オリジナルの『美女と野獣』の全曲を故ハワード・アッシュマンと共に制作し、アカデミー賞を受賞した作曲家アラン・メンケンで、実写版のエンドクレジットで流れる予定だ。セリーヌとピーボ・ブライソンが歌ったバラード曲、『Beauty and the Beast』は、オリジナル映画のエンドクレジットに使用され、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、グラミー賞に輝いた。『Beauty and the Beast』は、再び映画の主題歌として使われるが、本作では、アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが曲を歌うという。

「オリジナルの映画『美女と野獣』に関わったことは、私の人生で本当に魔法のような経験だった。そして、もう一度この映画に関われて本当に光栄だわ」と、セリーヌはコメントしている。

実写版『美女と野獣』は、4月21日(金)に公開予定だ。





■参照リンク
http://www.aol.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー