16年目のきらめく海へ!フィナーレ版「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」が泣ける!

馬美人魚 米老鼠三郎


東京ディズニーシーでは開園15周年を盛大にお祝いするイベント、「東京ディズニーシー15周年"ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ"~グランドフィナーレ~」を開催中だが、昨年春にスタートしたハーバーショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」も、新たな旅の出発をお祝いするグランドフィナーレ版に様変わり! 新たな魅力でゲストを魅了中だ。
 
そのフィナーレ版のタイトルはズバリ! 「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー~シャイン・オン!~」。閉幕にふさわしく、16年目のきらめく海に向けてキラキラ輝くショーだ。
 

前半のショー構成は基本的には、従前のソレ。ただ、ディズニーの仲間たちは、それぞれのウィッシュ・クリスタルの色がいちだんと輝くような、新しいコスチュームで登場する!
 

ミニーマウスは"愛"を表現した赤いクリスタル、ドナルドダックは"友情"を表現した青いクリスタル、グーフィーは"元気と健康"を表現した緑のクリスタルなど個性を強調。
 

新しいコスチュームを身にまとったディズニーの仲間たちは、それぞれの願いを歌やダンスで披露していく。大勢の出演者による息ピッタリのダンスは、とても巨大な感動を呼ぶ!


ショーの最後は15周年のグランドフィナーレをお祝いするシャボン玉が舞い上がり、パイロも次々に! 15年間の想いや新たな希望を胸に、輝く未来へ向かう華やかな旅立ちだ!
 

ちなみに15周年のグランドフィナーレ期間中の現在は、同ショーの夜間公演バージョンも実施中。夜空に舞うシャボン玉が幻想的に輝くので、15周年イベントの開催中に見届けて!
 

 
モデル/中塚智実
 
※写真はイメージです。実際のサービス、プログラムなどを保証するものではありません。
※紹介のグッズやメニューは品切れや価格変更となる場合があります。予め了承ください。

(C) Disney
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー