アカデミー賞でまさかの誤発表「作品賞はラ・ラ・ランド!」→「・・・ムーンライトでした」


今年の第89回アカデミー賞が、2015年のミスユニバース世界大会で優勝者の名前を間違えたスティーヴ・ハーヴェイの二の舞いを演じてしまった。


正確に言えば、それを演じたのは、作品賞の受賞者を『ムーンライト』ではなく『ラ・ラ・ランド』と発表してしまったプレゼンターのウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイだ。取り違えが訂正されたのは、『ラ・ラ・ランド』が(誤って)受賞してからかなり経過した時点だった。

『ラ・ラ・ランド』陣営は、すでにステージに立って作品賞のオスカーを受け取り、受賞スピーチを始めていた。しかし、ベイティとダナウェイの発表した受賞作品名が間違いだったことが非常に気まずい形で明かされたのだ。『ラ・ラ・ランド』陣営は、これはジョークではないと繰り返し、「ムーンライト」と記載されたカードを証拠に掲げさえした。

ベイティは、封筒を開けてみると「エマ・ストーン、ラ・ラ・ランド」と書かれており、「だからフェイと君たちをあんなに長いこと見てたんだ。おどけてたわけじゃないよ」と釈明している。すると、プレゼンターの2人が作品賞ではなく主演女優賞のカードを誤って渡されていたということだろうか? もしそうなら、ダナウェイはそのカードをあまり近くで見ていなかったため「ラ・ラ・ランド」の部分だけを読み上げたのだろうか? なぜ、レオナルド・ディカプリオがすでに主演女優賞を発表したのに、主演女優賞のカードが残っていたのだろうか?

『Deadline』は事の経緯を次のように推測している。

「なぜこのようなことが起こったのだろうか? 推測するに、プライスウォーターハウスクーパース(訳注:アカデミー賞の投票を管理したコンサルティングファーム)は、各受賞者について封筒を2枚ずつ用意していた。そして、プレゼンターに渡した封筒が、作品賞ではなく主演女優賞のものだった。だからベイティは口ごもり、これはどういうことかと困惑していたのだ。似たようなハプニングは以前にもあった。同僚のピーター・ハモンドによると、1964年、サミー・デイヴィス・Jrは別の音楽部門の封筒を渡されたという」

もし本当に舞台裏の誰かが間違った封筒を渡したせいだとしたら、自ら釈明するべきだろう。それにしても、『ラ・ラ・ランド』陣営がスピーチを始めるもっと前に、誰かが間違いに気付くべきだった。



それにしても、今回の出来事は前述のスティーヴ・ハーヴェイの出来事を思い起こさせる。今となっては、彼がその失敗で非難されることもなくなったが・・・。以下の映像で、気まずすぎる瞬間をご確認いただきたい。

うわ、ウォーレン・ベイティがスティーブ・ハーヴェイと同じ事やらかした。

とはいえ、少なくとも『ムーンライト』陣営にとっては、これもまたハッピーエンドだったようだ。

via GIPHY


気になる主要部門の受賞作品/受賞者一覧は以下の通り。

作品賞 『ムーンライト』
主演女優賞 ケイシー・アフレック(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)
主演男優賞 エマ・ストーン(『ラ・ラ・ランド』)
監督賞 デイミアン・チャゼル(『ラ・ラ・ランド』)
助演男優賞 マハーシャラ・アリ(『ムーンライト』)
助演女優賞 ビオラ・デイビス(『Fences(原題)』)
脚色賞 『ムーンライト』(バリー・ジェンキンス、タレル・アルビン・マクレイニー)
脚本賞 『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(ケネス・ロナーガン)
主題歌賞 「City of Stars」(『ラ・ラ・ランド』)
作曲賞 ジャスティン・ハーウィッツ(『ラ・ラ・ランド』)
撮影賞 リヌス・サンドグレン(『ラ・ラ・ランド』)
短編実写映画賞 『合唱』
短編ドキュメンタリー賞 『ホワイト・ヘルメット シリア民間防衛隊』
編集賞 『ハクソー・リッジ』(ジョン・ギルバート)
視覚効果賞 『ジャングル・ブック』
美術賞 『ラ・ラ・ランド』
長編アニメーション賞 『ズートピア』
短編アニメーション賞 『ひな鳥の冒険』
外国語映画賞 『セールスマン』(イラン)
音響編集賞 『メッセージ』
録音賞 『ハクソー・リッジ』
長編ドキュメンタリー賞 『O.J.: Made in America(原題)』
衣装デザイン賞 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
メイクアップ&ヘアスタイリング賞 『スーサイド・スクワッド』

■参照リンク
http://www.moviefone.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー