キャサリン妃が明かした、ジョージ王子のかわいらしい新たな趣味とは?

AOL News Staff

先日、ロンドンのドナルド・マクドナルド・ハウスを訪れた、王室のかわいい王子の母親、キャサリン妃。そこでキャサリン妃が明かしたのは、3歳の息子、ジョージ王子はキッチンにいることが大好きで、一日中パンケーキを作って過ごしているということだった。


イギリスでは、火曜日はパンケーキ・デーとされている。(アメリカでは「告解の火曜日」や「肉の火曜日」と呼ばれている)。キャサリン妃が、四旬節のイベントのために、ドナルド・マクドナルド・ハウスの子供たちとパンケーキを焼いていると4歳の男の子、ジェームズ・ウィーラーくんがミドルトンに熱心に質問してきたという。

報道によると、ジェームズ・ウィーラーくんが、「今日は、ジョージはどこ?」と尋ねたところ、キャサリン妃は、「ジョージ? 彼を連れてくるべきだったわね」、「今日は、モンテッソリー幼稚園でパンケーキを焼いているわ」と答えたという。

また、ジェームズくんが、キャサリン妃に「雷雨がやってくる」と言うと、王室の美女は、ジョージ王子はそれにも興味があると教えてあげた。

「そうよ、(雷雨が来ると)よく知っていたね」彼女は笑顔で応じた。「ジョージは嵐も好きなのよ!」

将来、王室からシェフや気象予報士が誕生するかは分からないが、確かなことが1つある。ジョージ王子は色々なことに興味津々、ということだ。



■参照リンク
http://www.aol.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー