映画『マトリックス』のリブートが計画中!マイケル・B・ジョーダンが出演者候補に


1999年公開の大ヒットSF映画『マトリックス』。ワーナーブラザースが、同映画のリブートを計画中だと、エンタメ系情報サイト『The Hollywood Reporter』(THR)が伝えている。


このプロジェクトはまだ初期の段階だそうだが、THRが入手した情報によれば、脚本家としてザック・ペン氏が招集されており、マイケル・B・ジョーダン(『クリード チャンプを継ぐ男』)の出演が検討されているという。

オリジナルと続編2本の監督、脚本を務めたウォシャウスキー姉妹は本作に関わっていないものの、2人からの賛意が望まれるところだ。

オリジナルの『マトリックス』でキアヌ・リーブスが演じた主役のネオはプログラマーで、人間が機械からエネルギーを採取されながら仮想現実の世界に生きていることを知ることとなった。この映画は驚異的なヒットを遂げ、「バレットタイム」のような特殊効果の象徴的作品にもなった。

THRによれば、ワーナーブラザースは『マトリックス』の世界をより深めるにあたり、ルーカスフィルムの『スター・ウォーズ』シリーズの手法を参考にしているという。もしかすると、モーフィアスによる前日譚が制作されるのかもしれない。期待が高まるところだ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー