映画『アナと雪の女王』、当初は全く違うエンディングが用意されていた事が明らかに


ディズニーの大ヒットミュージカルアニメ映画『アナと雪の女王』は、あと少しのところで全く違うエンディングを迎えていたかもしれなかったという。


同作は、出演者とスタッフたちの意見によって、最初の案から変更され、最終的にあのようなストーリーになったというが、今回、プロデューサーのピーター・デル・ヴェッチョが、オリジナルのエンディング案を「Entertainment Weekly」に明かしている。

「もともと、アナとエルサは姉妹でも王族でもなかった・・・エルサは『雪の女王』であると自称するヴィラン、純粋な悪役で、どちらかというとアンデルセン童話の雪の女王に近い存在だった。女性の悪いヴィランと無垢な女性ヒロインが対立するという設定でスタートして、エンディングではエルサが自分の軍隊として作り上げた雪のモンスターたちとの戦いのシーンも入る予定だった」

オリジナルのエンディングでは、ハンス王子が真のヴィランになり、アナはアレンデール王国を救うためにエルサを味方につけようと説得するという流れだったそうだ。

しかし、監督のクリス・バック、共同監督・脚本のジェニファー・リーらは、このままではエルサに共感できず、満足のいくエンディングにならないという事で、アナとエルサを姉妹にするという設定を提案。そして最終的にこの案が採用される事になったのだ。

デル・ヴェッチョは、「クリス・バック監督が考えた案に最も出てきた事の1つに、アナの心が凍ってしまい、それを解かす必要に迫られるという設定があった」と振り返り、次のように続けた。「クリスはこう言ったんだ。『いつも、真に愛する人のキスで問題が解決するっていう展開である必要はあるのか? 女性を救うのがいつも男性である必要もないよね? もっと違うものにできないかな?』って。この一言で、違うエンディングにつながったんだ」

■参照リンク
http://www.moviefone.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー