米国でトカゲが警察官に任命される!?

AOL News Staff

米アリゾナ州エイボンデール警察のマスコット的として可愛がられている、フトアゴヒゲトカゲのアイロ。


同警察のフェイスブックのページによると、先日、アイロは正式に警察官に任命され、警察署長から警察バッジが与えられたという。

Time for an update on Iroh's Adventures. Iroh got sworn in today by Chief Nannenga, Iroh is official! #IrohAdventures

Posted by Avondale AZ Police Department on Thursday, April 13, 2017

「アイロの冒険の続報をお伝えしよう。本日、アイロはナネンガ署長から警察官に任命された、そう、アイロは正式な警察官だ!」

このトカゲの警察官は、即座に出世した訳ではない。同警察は今年2月に、「アイロは大事なエイボンデール警察署員となった。能力は広範囲にわたるので複数の訓練を行っている」と警察官の肩の上やレーダーガンの上に乗ったトカゲの写真と共にフェイスブックに投稿している。

Due to popular demand, we have decided to give an update on Iroh, our "Drug Sniffing Bearded Dragon" from our April Fool...

Posted by Avondale AZ Police Department on Wednesday, February 15, 2017


しかし、この話、実をいうと、全て昨年のエイプリルフールのウソから始まったのだ。2016年4月のこと、同警察は、犬がするようにトカゲも麻薬のかぎ分けを教えることができるのかという実験プログラムが始まったと、フェイスブックに投稿した。当時の投稿の内容は、以下の通りだ。

「研究が示した結果によると、鋭い嗅覚を持つ爬虫類は、警察犬"K9"よりも正確に、ある特定の違法薬物を見つけることができるという。今後、実験プログラムの一環で、麻薬を嗅ぎ分けるヒゲトカゲは警察の補助をしていくことになる。アイロをひとつよろしくお願いします!」このウソがきっかけとなり、アイロは1年後、警察官に任命されたのだ。

■参照リンク
http://www.aol.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー