米国のマラソン大会でランナーたちの前をクマが横切るハプニングが発生!

AOL News Staff

米コロラド州の公園「ガーデン・オブ・ザ・ゴッズ」で11日(現地時間)に開催された10マイル(約16km)のマラソン大会で、想定外の「参加者」が出現したため、ランナーたちは余計な体力を使う羽目になった。ランナーの集団の前を、1頭のクマが横切ったのだ。


マラソン大会に参加したドナルド・サンボーンさんは、この様子をカメラに収めフェイスブックに画像を投稿した。


「何の目的があってクマは道を横切ったって? ランナーを怖がらせて、レースの最中に貴重な時間を奪うためだ!」

「逆方向に行こうとしてるみたいだね。クマの後ろについていけばいいかも」、「だから僕はレースに出るのは嫌なんだ。クマが出るからね」など、沢山の人がすぐにこれに反応した。



■参照リンク
http://www.aol.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー