ジェレミー・レナーが撮影中に両腕を骨折・・・『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』には影響なし


『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(原題)でホークアイを演じるジェレミー・レナーが、新作コメディー『Tag』(原題)の撮影中に両腕を骨折したことを情報筋が明らかにした。


「そういう仕事なんです」と、チェコで開催されているカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭で新作『Wind River(原題)』のプロモーション中のレナ―は語っている。「(ケガをするのは)仕事の一部」だという。ちなみに、この時、撮影を行っている『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『Tag』のどちらの撮影で骨折したのか明言しなかった。

右ひじと左手首を骨折するケガを負ったレナー。ホークアイは弓矢の達人なので、役の上では腕を使わないわけにはいかないのだが、レナーいわく、ケガは演技にあまり影響しないと言う。

「問題があっても解決してしまう性分でね。多少は影響はあるけど、やらなきゃいけないことができなくなるようなことはない。(ケガの)治りは早い方だし、(撮影再開までに)早く治るようにあらゆることをやってるよ」

幸い、レナーが同時期に撮影を行っている『Tag』はコメディーだ。「悪い奴らを次から次へと殴り倒したり、突拍子もないことをすることもない。自分で靴紐は結べないけど、それ以外の大抵の事ならなんとかやれる」という。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/
続きを読む

[PR] あなたへおすすめ

フォトギャラリー